2016/08/29

ペドロ・アルモドバル「私が『ブロークバック・マウンテン』を描くならもっとセックスシーンを入れた」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ペドロ・アルモドバル

 

 

「オール・アバウト・マイ・マザー(1999)」「トーク・トゥ・ハー(2002)」などのアカデミー賞受賞作品で知られる、オープンリーゲイの映画監督ペドロ・アルモドバルが、インターネットラジオで「ブロークバック・マウンテン」の監督を務める可能性があったことを明かした上で、自身の幻となった「ブロークバック・マウンテン」構想について語った。

 

実際には台湾出身のアン・リーが監督を務め、ヒース・レジャーとジェイク・ジレンホールが、互いへの許されない想いに葛藤する二人のカウボーイを演じたが、アルモドバル監督が指揮をとったらどのような映画になっていたのだろうか。

 

アルモドバルは、「私が「ブロークバック・マウンテン」を描くなら、もっとセックスシーンを入れたね」と語っている。

 

アルモドバル監督曰く、原作において二人のカウボーイの恋は、もっと動物的だったそうだ。イニスとジャックのセックスは、物語においてハイライトと言っても過言ではないという。

もちろん監督は映画の「ブロークバック・マウンテン」が嫌いな訳ではない。むしろ、映画の脚本や出演していた俳優を気に入っており、また自身の描き方をハリウッドで実現するのは難しいかもしれないとも感じているようだ。

 

いずれにしても、「ブロークバック・マウンテン」がハリウッドというメジャーなメディアによって描かれたことは、ゲイの人たちが社会において認知される大きな転換期になったに違いない。

 

via : OUT magazine

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline