2017/09/26

香港、同性パートナーにも「配偶者ビザ」を認める

9月25日、香港にて、同性カップルにも「配偶者ビザ」を認めると、高等法院が判決を下した。

 

この判決は、レズビアンカップルが訴訟を起こしたもの。

香港で働く英国人女性が、英国でシビルユニオンを結んだ同性パートナーに対し、在留のための「配偶者ビザ」を求めた裁判。

 

 

Image via : hongkongfp.com

 

英国人女性QTさんと、その同性パートナーSSさんは、2011年に香港に移住。二人は英国ではシビルユニオン(同性パートナーシップ)を結んでいたが、香港では認めらなかった。

 

QTさんは最初観光ビザで香港に滞在し、その後12ヶ月の就労ビザのみが与えられていた。在留が認められない為、2015年5月に香港移民局を相手に裁判を起こした。

 

2016年3月、裁判が高等法院に移り、そして2017年9月、晴れてビザが認めれたのだ。

 

判決では、配偶者ビザを支給しないことが「性的指向に基づく差別」「異性愛者であろうと同性愛者であろうと、安定した長期的かつ献身的な未婚カップルは、法律上の夫婦と同じ」とされ、ビザが認められた。

 

同性パートナーへ「配偶者ビザ」が認められたのは、中国、香港では初となる。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline