2016/09/29

世界的プロスケーターがゲイをカミングアウト

brian-anderson

 

 

プロスケートボーダーのブライアン・アンダーソン(Brian Anderson)が、ゲイであることをカミングアウトした。

 

ブライアンは、1999年にスケートボーディングワールドカップにて優勝、ファッションブランド「スラッシャー」による『スケーター・オブ・ザ・イヤー』の称号も手にした世界的スケートボーダーだ。

そんな彼は、米「VICE Sports」のドキュメンタリーにて、ゲイであることをカミングアウトした。

 

現在40歳のブライアンは、これまで家族や親しい友人にはゲイであること明らかにしていたが、長年公表することは避けていたそう。

ゲイであることに気が付いたのは3・4歳の時と早くから自覚していたものの、幼い時から周りでホモフォビックなフレーズを耳にするたびに、ゲイであることを明かすのは危険だと感じていたと話す。

 

彼のカミングアウトを聞いた友人の一人は、「お前がゲイなのは何が問題なんだ?俺たちはスケーターだろ? 君が滑る、俺も滑る、みんな滑る、それでいいじゃんかよ。そんなこと(ゲイであることを)誰が気にするんだ?」と、ドキュメンタリー動画の中で語っている。

 

スケボーというと「男社会」の認識が強く、そこには多くのホモフォビアが存在するのも事実。多くのスポーツは男性的でいることを余儀なくされる傾向があり、彼がこれまで経験した苦悩や葛藤は計り知れない。

 

スケーター業界のトップに君臨するブライアンのカミングアウトは、世界中のストリートキッズたちに大きな影響を与えてくれることだろう。

 

以下、VICE Sportsのドキュメンタリー動画。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline