2019/09/03

アメリカ人の約半数は「毎日パンツを替えていない」衝撃の調査結果

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

アメリカ人の約半数は「毎日パンツを替えていない」という、衝撃の調査結果が明らかになった。

 

 

 

 

下着ブランド「トミー・ジョン」(Tommy John)が行った独自調査によると、アメリカ人の約半数45%が毎日下着を替えていないと回答した。

 

「替えていない」と回答した人は、会社に2日以上も同じパンツを着用して出勤するそうだ。衝撃…!!

 

また、男女別に見ると、男性の方が7日間同じ下着を着用する可能性が女性よりも2.5倍も高かったという。

 

調査を行ったトミー・ジョンでは、2017年に行われた以下の研究結果を引用した。

「清潔なパンツでさえ、洗浄後に最大10,000の生きた細菌がいる可能性がある。時間の経過とともに様々な微生物や真菌が蓄積され、それらが感染症につながる可能性がある」

 

感染症以外にも、不衛生さゆえに陰部にニキビを引き起こす原因にもなる。

 

VICE誌によれば、パンツを連続使用するとブドウ球菌による感染症を引き起こす可能性があるとのべている。

 

トミー・ジョンは、パンツの連続使用は辞めることはもちろんのこと、またパンツについた細菌を殺すには、ほかの衣類とは別に洗濯し、その後30分間(弱い強さで)乾燥機にかけることをオススメしている。

 

また記載はないが、パンツを溜めておいて数日後に洗濯することで、細菌が繁殖しやすい環境を作っている可能性もある。

 

関連記事|アメリカ人の10人に1人が、空港でセックスをしたことがある(米調査)

 

こちらはアメリカ人を対象にした調査だが、心当たりある人もいるのでは?

特定のフェチの人をのぞいて、ちゃんと毎日パンツを替えよう。

 

Source : Tommy John

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline