September 9th, 2018

gleeに出演した子役、トランスジェンダー女性とカミングアウト

海外ドラマ『glee/グリー』のシーズン6に出演した俳優JJ・トタが、トランスジェンダー女性であることをカミングアウトした。

 

 

 

 

glee出演時は13歳。劇中でマイロン・マシュコヴィッツ役を演じたJJ・トタ。2015年のシーズン6には、4つのエピソードに出演し強烈なインパクトを残していた。

 

 

 

 

これまで周囲やメディアのインタビューでも「ゲイの男の子」と決めつけられてきていたものの、自分で自分をゲイ男性だと思ったことは一度もないそう。

 

トタは、14歳のときトランス女性ジャズ・ジェニングスのドキュメンタリーを見て「自分はこれだ!」と思いすぐ母親にそのことを告げ、かかりつけの小児科医に専門家を紹介してもらい、ホルモンブロッカーを処方してもらったとのこと。

 

現在17歳の彼女は、芸名をJJ・トタから、ジョージー・トタ(Josie Totah)に改名。

この8月からは大学に通いつつ役者としてのキャリアも続けるそうだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

glee出身の俳優ケビン・マクヘイル、ゲイをカミングアウト

LGBT

【総集編】2017年カミングアウトした有名人まとめ

LGBT

LGBTのためのキャリアイベントが開催。Google、資生堂ら大手24

LGBT

Googleカレンダー、ゲイ男性をフィーチャーした新CMを公開

ENTERTAINMENT

『glee/グリー』のスター、アレックス・ニューウェルの新曲ビデオが公

ENTERTAINMENT

人気TVドラマ『glee/グリー』が音楽ゲームで新登場!