2015/02/25

筋肉量が少ないと死亡率2倍!?驚きの調査結果が明らかに

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

1

 

 

筋肉量の多い少ないによって、死亡率が2倍にまで跳ね上がるという驚きの調査結果が、厚生労働省より発表された。

 

厚生労働省の調査班は、放射線影響研究所(広島市)で定期的に健診を受けている47~92歳の一般の男性626人の全身の筋肉量、骨量、骨密度を1年に渡って測定、調査した。

その結果、筋肉量が40歳以下の標準値の8割より少ない人の割合は、60歳代で52.8%、70歳代で70.6%と、高齢になるほど多かった。また、測定した人物を12年間追跡すると、その間に197人の死亡が確認されたとのこと。

 

また、筋肉量が40歳以下の標準値の8割より多い人と少ない人の二つのグループに分けて調査を実施。死亡率は、筋肉量の少ないグループの方が1.9倍高いという結果になった。

死因別でみると、肺炎などの呼吸器系の病気が2.6倍高く、がんや脳卒中などの病気では差異が見られなかった。

 

 

今回の調査結果をまとめると、筋肉量が少なければ免疫力が落ち様々な疾患にかかりやすく、寿命が縮まるという結果だ。

 

筋肉は「理想のカラダ」といったビジュアル面で筋トレに励むユーザーが多いだろうが、健康や長寿の面でもプラスなのは間違いなさそう。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作ゲイ映画『チョコレートドーナツ』が舞台化!俳優の東山が主演

CULTURE

延期されていた「トム・オブ・フィンランド」の日本初個展、9月18日から開催へ!

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

CULTURE

【前編】「最近の若い子はゲイの世界にすぐ入ってきてもったいない人生を送っている」って本当? 有名ツイッタラーの炎上芸? 15歳からゲイの世界に入った私も考えてみました

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline