2015/10/22

マッチョでも”まだまだ小さい…”と感じてしまう精神疾患「筋肉醜形障害」とは?

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

あなたの周りに、人から見たら相当マッチョなのに、本人は「まだまだ俺は小さい…」と悲観している人はいないだろうか?

常に「まだまだ…」と思うマッチョな彼らは、もしかしたら「筋肉醜形障害」かもしれない。

 

「筋肉醜形障害(Bigorexia/ビゴレキシア)」とは、自身の体が実際は逞しいのに、慢性的に貧弱だと不安に駆られる身体醜形障害の一種のこと。

ただ不安になるだけではなく、自身をよく見せたいとする強い脅迫観念に駆られ、高確率でうつ病を引き起こしてしまう精神疾患だ。

 

 

特に、カラダを鍛える文化のある欧米圏では、近年問題視されている。

英BBCが、そんな「筋肉醜形障害」の男性を密着取材したドキュメンタリー番組を作成。

 

ドキュメンタリーに登場する男性は、誰が見ても”十分マッチョ”にも関わらず、「まだまだ俺は小さい…」と感じている。

彼に撮影用ビデオを渡し、日々の生活を録画してもらったところ、彼は毎朝5時半起きでご飯を作り、筋肉の為に1日7食を日課とする。24時間365日、仕事中もプライベートも、常に筋トレのことで頭がいっぱいだ。

 

 

3

 

 

彼の通うジムのオーナーにも話しを伺ったところ、同ジムに通うお客はマッチョな男性が多いが、「筋肉醜形障害」にかかっている人を多く感じるそう。また、その中の約70%は、トレーニングだけでは物足りず、なんとステロイド注射まで行っているそうだ。

 

次のページ >> 「筋肉醜形障害」で息子を亡くした母親

 

また、取材班は「筋肉醜形障害」により息子を亡くした母親を取材。

母親によると、息子は10代の時から過度な筋トレを続け、それだけでは物足りず、ステロイドに手を出していた。

その結果、17歳で心臓病を発症。入院し治療を行ったが、トレーニングを止められない彼は、過度な筋トレ+ステロイドを打ち続け、20歳の若さでこの世を去ったのだ。

 

 

2

 

 

専門家によると、イギリスにおいてジム通いの男性10人に1人は、この「筋肉醜形障害」に陥っていると話す。「男性は”男は筋肉”というメディアからの刷り込みがある。男性は女性よりもボディーイメージを気にする傾向がある。」と注意を呼び掛けている。

 

 

 

欧米人に限らず、カラダを鍛える文化のあるゲイ達にとっても、同疾患を引き起こしやすく問題視されている。

あなたの周りの人、もしくは自分自身に思い当たる節はないだろうか?

 

 

*動画は全編英語。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

同性愛がタブーの時代、2人の兵士の愛を描く映画『ファイアバード』

LOVE

週末なにする?そうだ、週末限定の「HIV検査」にいこう!

LOVE

実はNG!タチに知って欲しい7つのこと

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LGBT

ChatGPTで有名なサム・アルトマン氏、パートナーと同性婚!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline