2015/08/20

コカ・コーラ、LGBT若年層のいじめ防止をテーマにしたキャンペーン動画

 

 

コカ・コーラが、LGBT若年層へのいじめ防止をテーマにしたキャンペーン動画を公開し話題になっている。

 

ラテンアメリカで公開された同キャンペーン動画は、映画『ミルク』でアカデミー賞脚本賞を受賞したオープンリーゲイのダスティン・ランス・ブラックが監督を務め製作された。動画は全編ポルトガル語なので、簡単に以下内容を説明。

 

 

物語の主人公は、10代の男の子ディエゴとラファエル。

ある日、ディエゴは、親友ラファエルが男友達(明らかにゲイ男子)とラブラブなメールをしているのを目撃してしまう。

ディエゴは、”ラファエルって実はゲイかも??”と感づき、「なぁラファエル、俺に隠していることないか?」と聞くが「ん、何のことだよ?」とはぐらかされる。

 

そのあと、家でTVゲームをしていた2人だったが、一区切り付いたところでラファエルがその場を離れる。

 

しかし、彼の携帯はその場に置いたまま。

そこに、隠れてメールしているゲイの彼からラブラブなメールが届く。気になったディエゴは、ラファエルが居ない隙に携帯を覗き見しようとするが、、、周りの友達も一斉に携帯を見ようとしてしまう!!

果たして、ラファエルがゲイであることがみんなに知られてしまうのか…??

 

続きは動画をチェック!(*英語字幕)

 

 

Coca Cola – The Text from Tantorfilms on Vimeo.

 

 

ゲイと分かりつつも親友ラファエルをいじめから守ったディエゴ。

ショートフィルムの最後には、「あなたは親友の為に何が出来るだろうか?」のコピーが流れる。

 

人種・セクシャリティーを超えた多様性を尊重するコカ・コーラ社ならではの、素晴らしいキャンペーン動画だ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline