2020/07/22

欧州最大級!ドイツ・ベルリンのゲイプライド「CSD Berlin」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

ドイツのベルリンに住んでいました、がぅちゃんです。

 

「クリストファー・ストリート・デイ」として知られるベルリンのゲイプライド。現地の観光名所や欧州一と名高いゲイエリアについて触れつつ、実際のパレードの様子を紹介します。

 

 

ベルリンの圧倒的ランドマーク「ブランデンブルク門/Brandenburger Tor」。

 

ドイツのベルリンについて

ベルリンはドイツの首都です。人口は約370万人。ドイツに16ある州のうちの一つ「ブランデンブルク州/Brandenburg」の中央に位置しますが、ベルリンは独立した「ベルリン州」なので、ブランデンブルク州には含まれません。

 

 

ベルリンの位置。

 

ドイツ語の「ベルリン/Berlin」の発音は「熊/Bären」の発音と似ているため、「ベルリンの語源が「熊」と言われることがあります。本当の語源は不明ですが、日本語の「熊本県」くらい、「熊」という単語をはっきり発音する地名であることは確かです。

 

 

ドイツのくまモン「ユナイテッドバディーベア」。@ベルリン・ノレンドルフプラッツ

 

ベルリンでは、熊がシンボルやマスコットとしてよく採用されています。ベルリンの市旗と市章のデザインには熊が含まれていますし、クマのキャラクター「ユナイテッドバディーベア/United Buddy Bears」は街のいたるところに設置されています。

 

 

ベルリンの市旗。

 

「ベルリンの壁」について

そもそもドイツは、1949〜1990年の間、「西ドイツ」と「東ドイツ」に分断されていました。分断前から首都だったベルリンは、東ドイツの真ん中に位置していました。そんなベルリンから西ドイツの取り分(=西ベルリン)を切り抜いた壁が、ベルリンの壁です。

 

 

西ベルリンの位置。1961〜1989年の間、ここを囲っていた。(黄色は西ドイツの領土)Original image by TUBS

 

西ベルリンの東側は「東ベルリン」と呼ばれ、 東ドイツの首都でした(西ドイツの首都はボン/Bonn)。当時の西ベルリンと東ベルリンの国境検問所は「チェックポイント・チャーリー/Checkpoint Charlie」と呼ばれ、今では観光名所になっています。

 

 

チェックポイント・チャーリー。米国NY市のタイムズスクエアみがある。

 

アメリカ国旗の前で、延々と記念撮影が繰り返される。

 

お金を払えば(たしか5ユーロ)、当時のビザのスタンプを押してもらえる。

 

当時のベルリンをむりやり日本で例えるとこうです。米・英・仏が西日本を管理し、ソ連が東日本を管理。東京23区だけ、文京区を中心に縦線で東西に分断。西側(=西東京)を米・英・仏が管理。ソ連はそれを壁で囲って隔離。それほど大変な状態だったといえます。

 

 

ベルリンの壁崩壊25周年を祝う歴史的行事「25 Jahre Mauerfall」。@ブランデンブルク門

 

街中に存在する「ベルリンの壁」

 

今でもベルリンには、様々な形でベルリンの壁が残っています。ベルリンの壁にグラフィティが描かれたミューラルアート群「イーストサイド・ギャラリー/East Side Gallery」は、特に有名。絶好に映(ば)える、ベルリンを代表する観光スポットです。

 

 

イーストサイド・ギャラリーの様子。

 

ソ連の「レオニード・ブレジネフ」と東ドイツの「エーリッヒ・ホーネッカー」のキス。

 

 

このキスはドイツ語で「Bruderkuss/兄弟のキス」と呼ばれる。儀式的挨拶の一種。

 

当時のままのベルリンの壁が残っている場所も多く、「ベルリンの壁記念館」周辺は有名です。その他にも、元々ベルリンの壁があった場所の地面には印が付けられており、「Berliner Mauer/ベルリンの壁」と記されています。 

 

 

ベルリンの壁記念館(Berlin Wall Memorial/Die Gedenkstätte Berliner Mauer)。

 

周辺のベルリンの壁。(鉄柱部分は通り抜け可能)

 

元々ベルリンの壁があった地面@ポツダム広場。(BERLINER MAUER=ベルリンの壁)

 

「ゲイの聖地」と名高いベルリン

現在のベルリンはしばしば、欧州のゲイシーンを牽引する「ゲイの聖地」として評価されます。とくにアングラなゲイ娯楽が充実している事で知られています。ベルリン市交通局は、CMにBDSM界隈のゲイ男性を起用したりすることでも有名。 

 

 

ベルリン市交通局(BVG)のキャンペーン動画。

 

元・西ベルリンの「シェーネベルク/Schöneberg」というエリアにある「ノレンドルフプラッツ/Nollendorfplatz」周辺は、ゲイエリアとなっています。近くの「モツ通り/Motzstraße」と「フッガー通り/Fuggerstraße」は、ゲイストリートといった状態。

 

 

フッガー通りで開催される「フォルサム・ヨーロッパ」の様子。

 

ベルリンのゲイシーンの詳細:欧州のゲイシーンを牽引するゲイの聖地「ドイツ・ベルリン」ってどんなところ?

 

ヨーロッパ最大級のゲイプライド「CSD Berlin」

「ベルリン・プライド/Berlin Pride」と呼ばれることもありますが、ドイツではゲイプライドのことを「CSD(=Christopher Street Day/クリストファー・ストリート・デイ)」 と呼びます。

 

 

ユニクロの前を通過するCSDのパレード。

 

CSDベルリンは、ゲイプライドの起源といえるレジスタンス運動「ストーンウォールの反乱」を記念することに重きを置いています。「ストーンウォール/Stonewall Inn」とは、米国NY市の「グリニッジ・ビレッジ」の「クリストファー通り」にあったゲイバーのこと。

 

 

Embed from Getty Images

現在のストーンウォールは、米国指定の歴史的建造物(自由の女神像と同じステータス)。

 

余談ですが、世界的なゲイソング(Gay Anthem)の「YMCA」を歌う「ビレッジ・ピーポー」の「ビレッジ」は、ゲイエリアの「グリニッジ・ビレッジ」を指します。

「ビレッジ・ピーポー」の語感を日本語で表現すると「二丁目ピーポー」のような感じ。

 

 

ビレッジ・ピーポーの、元祖「YMCA」。ヨーロッパでも定番のゲイソング。

 

パレードの開催期間&ルート

 

CSDベルリンは1979年から毎年開催されており、近年の参加者は約100万人と言われています。開催日は、だいたい7月下旬の土曜日。パレードは、約6.5kmの道のりを数時間かけて行進します。

 

 

パレードの定番ルート。だいたい毎年、左下から逆Z字を描くように進む。

 

順序は、「1. クアフュルステンダム駅/Kurfürstendamm」→「2. ノレンドルフプラッツ駅/Nollendorfplatz」→「3. 戦勝記念塔/Siegessäule」→「4. ブランデンブルク門/」。4点を繋ぐ感覚で行進します。

 

パレードの実際の様子(1. クアフュルステンダム駅〜)

 

 

出発エリア付近の様子。

 

序盤からすでに観客が多い。(このボリュームがゴールまで絶えない)

 

ユニクロ付近。このあたりは観光客が特に多いエリア。

 

奥の建物「カデヴェ/KaDeWe」は、日本でいう「三越」のようなデパート。

 

左奥の「ヴィッテンベルグプラッツ駅/Wittenbergplatz」は、東京でいう「新宿御苑前」。

 

パレードがゆっくりなので、道中のスーパーで買い物ができてしまう。

 

うさぎちゃん。

 

ノレンドルフプラッツ駅〜

 

 

このあたりは、アパートから鑑賞する人もかなり多い。

 

屋根から鑑賞する、ノレンドルフプラッツ駅の職員たち。

 

警察官。

 

うさぎちゃん。

 

爆音で流れる「YMCA」に合わせて踊る、ジャーマン・ピーポー。

 

ドイツ最大の公園「ティアガルテン/Tiergarten」に囲まれた大通りを進んでいく。

 

「戦勝記念塔」〜

 

 

ベルリンの東京タワー「戦勝記念塔/Siegessäule」。

 

ベルリンのスカイツリー「ベルリンテレビ塔/Fernsehturm」が、写真中央奥に見える。

 

奥にゴールの「ブランデンブルク門」。この辺りは、ゆるめのフェス会場と化している。

 

CSDベルリン(クリストファー・ストリート・デイ)のまとめ
・開催期間:7月後半(月末あたり)
・パレードの開催時間:土曜日の昼12時30分スタート
・パレードのルート:クアフュルステンダム駅→ノレンドルフプラッツ駅→戦勝記念塔→ブランデンブルク門
・パレードが盛り上がるエリア:ノレンドルフプラッツ駅と戦勝記念塔の周辺
・詳細はHPにて

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LGBT

米の都市、ポリアモリー(複数恋愛)を公的に認める

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

CULTURE

たった一度のキスでゆらぐ“友情と恋”。グザヴィエ・ドランの新作が9月公開

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline