2015/03/05

アルマーニ、衣装にケチをつけたマドンナに反論

2

 

 

 

先日のブリット・アワードで、ステージ上の階段から転倒するアクシデントに見舞われたマドンナ。

パフォーマンス後、転倒したのは衣装の長すぎるケープのせいだとしてSNSに投稿。ケープをデザインしたのはかの有名なジョルジオ・アルマーニだ。

 

転倒アクシデントについてマドンナは、「ケープがすごく重かったから、すべり落ちるんじゃないかとみんな心配していたわ。だからヒモをかなりきつく結んだの。きつく縛りすぎて、ヒモを引っ張ったけどほどけなかったわ。すてきな日本人ダンサー2人がわたしを引きずりおろして窒息させようとしたわけ。窒息するか、ケープと一緒に落下するかの選択を迫られて、わたしは落下を選んだのよ」と語った。

また、日本人ダンサー2人というのは、レズビアンカップルとして話題のAyaBambiだ。今回マドンナのバックダンサーに指名され注目を集めていたが、思わぬ転倒アクシデントを生んでしまったよう。

 

 

▽日本人ダンサーユニットAyaBambi ▽

 

1

 

 

 

この転倒アクシデントで、ケープにケチをつけたマドンナに対しアルマーニが反論。

「皆さんも知っているとおり、マドンナはとても気難しい人。このケープにはフックが付いていたのだが、彼女はヒモがいいと言ったので私はデザインした。しかし、彼女はそのひもを自分でほどけなかった。ただそれだけのこと」と反論した。

 

以前より交流があるアルマーニに対して、難癖付けたマドンナ。アルマーニとの関係悪化が今後影響しないか気になるところだ。

 

 

 

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline