2022/07/29

アメリカ・ボストンで唯一のベア系ゲイバー「アリー・バー」 

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

旅ライターのがぅちゃんです。

 

アメリカ・マサチューセッツ州の州都「ボストン」を代表するベア系ゲイバー「アリー・バー/The Alley Bar」について紹介!

アンダーウェア・パーティなどの名物イベントについてもレポートしていきます。

 

ボストンはこんなところ 

 

ボストンの雰囲気。

 

アメリカの北東部に位置するマサチューセッツ州の州都が「ボストン/Boston」。アメリカで最も歴史のある都市の一つで、日本でいう京都のような所です(京都とボストンは姉妹都市)。

 

マサチューセッツ州はアメリカで最もリベラルな州の一つで、国内で最初に同性婚を合法化した州としても有名です。

そんな州の州都であるボストンはこれみよがしと言っていいほどLGBTフレンドリー。レインボーフラッグのデザインは日常的に見かけます。

 

 

レインボーフラッグの色はどんどん増えている。

 

ボストンにゲイエリアは無いですが、ダウンタウンを中心にゲイバーはいくつか存在します。ただしゲイ専用ではなく、ゲイフレンドリーバーに近い状態のお店が多め。ボストンでは、ゲイ以外の客がゲイバーを利用することはそこまで珍しくないです。

 

ボストンは間違いなくLGBTフレンドリーではありますが、雄の気配強めで濃いめのゲイ娯楽を求めるゲイの間では「ボストンは他の州都と比べて物足りない」という意見が存在しなくないです。

 

ボストン唯一のベア系ゲイバー「アリー・バー」 

 

アリー・バーの雰囲気。2階建て。

 

LGBTフレンドリーすぎる故に贅沢な悩みが存在するボストンのゲイ事情ですが、悩める一部の贅沢なゲイ達も満足できるゲイバーが「アリー・バー/The Alley Bar」。

 

ボストンで唯一のベア系・ダディ系・レザー系ゲイバーとして有名です(ベア系以外もウェルカム)。

 

 

アリーの外観。

 

エントランスに熊の木彫り。マサチューセッツ州が属する「ニュー・イングランド地方」の田舎のお土産屋さんで見かけるタイプ。

 

アリー・バーの1Fの雰囲気。カウンターテーブルのどこからでもドリンクを頼める。

 

タップビール5ドル(550円)〜。かなりリーズナブル。(チップは1杯1ドルが無難)

 

卓上POPが「アメリカのゲイバー」という感じ。

 

ボストンには、ゲイ以外の人も行きやすいゲイバー(という不思議な状態の飲食店)がいくつかありますが、アリー・バーはそういうタイプのゲイバーではないです。とはいえゲイじゃないお客さんもぼちぼち利用している様子。

 

 

1Fの様子。

 

2Fの様子。

 

2Fにもバーがある。

 

ビリヤード台もある。

 

アリー・バーのベア系イベント「ミスター・ボストン・ベアー/カブ」

 

イベントの様子。

 

マサチューセッツ州を代表するベア系コミュニティ「マス・ベアーズ&カブズ/Mass Bears and Cubs」が毎年10月に開催するコンペティションが「ミスター・ボストン・ベアー/カブ/Mass Bears and Cubs」。

 

 

コンペティションでパフォーマンスする参加者。

 

2Fから1Fのパフォーマンスを鑑賞する人々。

 

ミスター・ボストン・ベアーとは、「ミスコンのベア系ゲイ版」と言っていいような催しです。

 

ボストンで一番いけてるベア(熊)やカブ(子熊)を目指す参加者がパフォーマンスをして競います(優勝者は審査員が決める)。

 

 

2021年はトランスジェンダーの活動家でもあるニック・セリック氏が優勝した。

 

イベントの詳細はマス・ベアーズ&カブズのHPにて。

 

アリー・バーのベア系イベント「アンダー・ベアー」

 

荷物置き場と化した2Fのビリヤード台。

 

アリー・バーがベア系ゲイバーとしてボストンで確固たる地位を築いている所以とも言えるイベントが、毎月第一土曜日に開催される「アンダーベアー/Underbear」。要するにアンダーウェア・イベントです(日本でいう六尺ナイト)。入場無料。

 

 

アンダーウェア・イベントに女性が参加している光景もボストンならでは。

 

アリー・バーにはハッテンエリアやダークルームは設けられていませんが、大はしゃぎしている参加者は皆無ではないです。

なお、マサチューセッツ州には公共の場で裸を禁止する法律があるそうで、ケツワレはNGでした。

 

 

冷たい水が飲み放題で嬉しい。

 

イベントの詳細はアリー・バーのFacebookにて。

 

アリー・バーでの注意

アリー・バーに限らないのですが、ゲイイベントの入場や飲酒の際には、ID(パスポートOK)が必須です。

アメリカでの飲酒は21歳からですが、明らかに21歳以上でもID提示を求められることがあります。

 

 

アリー・バーのエントランスには「マスク着用必須」の注意書き。

 

IDに加え、娯楽施設の利用の際には、コロナのワクチン摂取証明書が必須となるケースがあります。

日本政府発行のワクチン摂取証明書(紙)も通用しましたが、コロナに関するルールは変化が激しいので、こまめにチェックしておくのが無難です。

 

マサチューセッツ州のコロナ関係のインフォメーションはこちら。

 

アリー・バー/The Alley Barのまとめ
アリー・バーの詳細 >>
ミスター・ボストン・ベアー/カブの詳細 >>
アンダー・ベアーの詳細 >>

 

 

アリー・バーの住所:14 PI Alley, Boston, MA 02108, United States

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

機能性+お洒落アイテムで、お家セックスを充実しよう!

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

アナルが開く?持続力が増す?セックスに「CBD」がオススメな理由

LOVE

全自動オナホから、電動コックリングまで!テクノロジーを活用した「アダルトグッズ」

CULTURE

ゲイ版SATC!40代独身を描く「シングル・アゲイン」Netflixで配信

LIFESTYLE

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

CULTURE

「ル・ポールのドラァグレース」のスタークイーンが初来日!

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline