2021/04/26

台湾在住ライターが厳選する台北のおすすめスイーツ5選

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

こんにちは!台湾在住ライターのMaeです。

 

先日【小籠包だけじゃない!台湾在住ライターが厳選する台北のおすすめグルメ5選】の記事にて、台北のおすすめグルメについてご紹介しました。

 

しかし!台湾のおいしいものは、ごはんだけじゃありません!食後のデザートやおやつにいただきたいおいしいスイーツも、現地に来たら食べ逃せませんよ!

 

今日は、台北在住8年の中で出会ったスイーツたちの中から、厳選5品をご紹介したいと思います。

 

 

白水豆花の「麥芽糖花生桃膠豆花」

 

 

 

 

台湾デザートの中でも、まず一番におすすめしたいのが、お豆腐を使ったデザート「豆花」。

 

ふわっとなめらかに仕上げたお豆腐に、タピオカやピーナッツ、小豆などをトッピング。最後に甘いシロップや豆乳をかけていただきます。

 

台北の有名グルメストリート・永康街にある「白水豆花」は、オープン以来、日々行列の絶えない人気店。台湾北東部の温泉街・宜蘭県の礁溪に本店があり、台湾各地の新鮮な湧水や、海洋深層水から作られたにがりなど、こだわり抜かれた食材で作る豆花が台北でも大評判です。

 

おすすめは、見た目にもきらびやかな「麥芽糖花生桃膠豆花(70元=約270円)」

 

桃膠と呼ばれる天然のゼリーや、荒削りの花生糖(ピーナッツ砂糖)がたっぷりトッピングされていて、最後にパクチーで彩りをプラス。驚くほどにデリケートできめ細やかな豆花との相性も素晴らしく、ひとさじの中に感じられる食感の豊かさにも注目です。

 

永康街での食べ歩きの締めは、ぜひ白水豆花のごちそう級豆花でどうぞ。

 

白水豆花(台北永康)
住所:台北市大安區永康街3191
営業時間:14:0021:00(木曜定休)
地図:Googleマップ

 

八時神仙草の「抹茶嫩仙草盛盤」

 

 

 

 

 

台湾には「仙草凍」という、真っ黒なゼリーがあります。

 

見た目はコーヒーゼリーのようですが、ほんのりハーブのような風味と、後味に感じるほのかな苦味が特徴。豆花と同じく、トッピングや甘いシロップをかけていただいたり、ドリンクに入れて堪能するのもポピュラーです。

 

おいしい仙草凍をいただくなら、台北にもお店がオープンした、台中発祥の仙草専門店「八時神仙草」へ。抹茶アイスや芋圓(タロイモ団子)などをトッピングしながら食べる「抹茶嫩仙草盛盤(89元=約340円)」をぜひお試しください。

 

かろうじてゼリーとして固まっているような、濃厚でみずみずしくとろけるような食感が、このお店ならでは。ほんのり苦味がありつつも、つるっと喉を通り抜けた後には「回甘(飲み込んだ後に、のどの奥からほのかな甘みが立ち上ってくる現象)」と言われる、良質なお茶を嗜んだ時にも似た後味が感じられます。

 

おなかの中までさっぱり清められるような、とっても涼やかな1品。台湾の暑い季節にピッタリです。

 

八時神仙草(松菸店)
住所:台北市信義區忠孝東路四段5532212
営業時間:12:3021:00
地図:Googleマップ

 

貨室甜品の「貨室招牌刨冰」

 

 

 

 

 

暑い季節の台湾に欠かせないスイーツと言えば、かき氷!昔ながらの趣がのこるおしゃれストリート・赤峰街での街歩きの合間に「貨室甜品」へ、ひとやすみに立ち寄ってみましょう。

 

10人も入れば満席になるほどコンパクトなお店に無事座れたら、看板メニューの「貨室招牌刨冰(150元=約570円)」を。花生醬(ピーナッツソース)や湯圓(白玉)、紅豆(小豆)、爆米香(ポン菓子)など、台湾らしいトッピングがもりもりの1品です。

 

このかき氷のミソは、「麵茶粉」という台湾式のゴマ入りきな粉。サラリとしたテクスチャーが氷の粒にうまーく絡んで、シャリシャリと涼やかな食感を一層に引き立ててくれます。

 

小ぶりのお碗に盛られた、1人で無理なくいただけるボリュームも◎。「甘味」と呼ぶのがしっくりとくる、伝統風味満点のひんやりスイーツで一服しましょう。

 

貨室甜品
住所:台北市大同區赤峰街7134
営業時間:13:0021:30(月〜金)/ 12:0021:30(土・日)
地図:Googleマップ

 

花藏雪の「珍珠奶茶」

 

 

 

 

台湾でかき氷と言うと、大きく2種類。

 

上に登場した貨室甜品では、水の氷から削ったかき氷を使っていましたが、台湾ではもう1つ、フレーバーつきの氷を削った「雪花冰」というかき氷も堪能していただきたいところです。

 

おいしい雪花冰をいただくなら、台北を代表する有名夜市・士林夜市へ。地下美食街や屋台街の喧騒を抜けたさらに先、少しばかり静けさが戻る北側のはずれに「花藏雪」という雪花冰専門店があります。

 

氷自体に味がついており、まるでアイスクリームを削ったかのような、雪のようにふわふわな雪花冰。ストロベリー、チョコレート、ゴマなど、たくさんのフレーバーが揃っていますが、「珍珠奶茶(130元=約490円)」なら、あの台湾名物の風味も一挙に堪能できちゃいます!

 

シャリふわな氷がとろけるほどに立ち上ってくるのは、濃厚なミルクティーの香り。大ぶりでもちもちのタピオカたちと一緒にほおばると、これはまさにタピオカミルクティー!雪花冰と珍珠奶茶、台湾を代表する2大名物のフュージョンが、見事に実現されています。

 

花藏雪
住所:台北市士林區大北路27
営業時間:15:0022:00(月〜金)/ 14:0022:00(土・日)
地図:Googleマップ

 

剪刀式雞蛋糕の「雞蛋糕」

 

 

 

 

おいしいスイーツは、台北の夜市に並ぶ屋台にも。僕は夜市に行くと、ほぼ必ずと言っていいほど「雞蛋糕」を買ってしまいます。

 

雞蛋糕とは、たまごカステラのこと。雞蛋糕の屋台はたくさんありますが、その中でも「剪刀式雞蛋糕」が一番のお気に入りです!あちこちの夜市にお店があるチェーン店(チェーン屋台?)ですので、もし出会えたらぜひともお試しあれ!

 

クラフト紙の袋にしたためられた焼きたてほかほかの雞蛋糕は、7個入り大サイズで60元(=約230円)。ハトやゾウ、バイクなど、いろんなカタチに焼き上げられていて、とってもキュート!外側香ばしく、中はふんわりで、素朴な甘みに思わずほっこりします。

 

1つ1つが大きめにもかかわらず、素朴ゆえにパクパク進んじゃいますので、他の夜市グルメやスイーツも食べ歩きたい時は、食べ過ぎに注意ですよ。

 

***

 

台北でお試しいただきたい、おいしいスイーツを厳選して5品ご紹介しました。

 

日本でもじわじわ人気が高まっている台湾スイーツ。台北へお越しの際には、おいしいごはんを堪能する一方で、少しだけスイーツのためのスペースを、おなかにのこしておくのをお忘れなく!

 

※記事中でご紹介したグルメ及びお店は、20214月現在の状況に基づきます。
※記事中の日本円表記は1元=3.8円で計算しています。(20214月現在)

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline