ゲイアプリのグラインダー、大手ファッションコンサル会社と契約

December 5th, 2015

グラインダーが大手コンサルに加入

 

ゲイの出会い系アプリGrindr(グラインダー)が、NYのファッション系大手コンサルティング会社PR CONSULTINGと契約を結んだことが分かった。

 

PR CONSULTINGは、NY、ロサンゼルス、パリに拠点を持ち、クリスチャン・ディオール、ルイ・ヴィトン、ヴェルサーチ、ロエベといった多くのラグジュアリーブランドを顧客に持つ、業界最大手のコンサルティング会社。

同社は公式インタグラムにて、グラインダーが仲間入りしたことを紹介した。

 

 

 

Hello, #Grindr. #PRClifestyle

PR Consultingさん(@prconsulting)が投稿した写真 –

 

 

初めてのゲイアプリとして2009年に誕生したグラインダーは、世界192カ国で展開され全世界会員数1050万ユーザーに登る。グラインダーの登場は、世界中のゲイ達のライフスタイルを変えたといっても過言ではない。

 

それにしても、ゲイアプリとファッション系コンサルティング会社がタッグを組むのは異例中の異例。今後の展開が気になるところだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

あなたのプロフは正直?ゲイアプリに関する調査結果が発表

ENTERTAINMENT

マーク・ジェイコブス、乱交パーティーデマに皮肉たっぷりに反論

LOVE

iPhoneアプリの歴代収益ランキングが発表。9位にグラインダーがラン

LGBT

トロント、ゲイアプリが駅内に広告ポスターを設置し物議を醸す

LGBT

ゲイアプリのグラインダー、年間46億円の収益情報が外部にリーク

LOVE

親が息子の誕生日にゲイアプリを勧める!?ジャックドのキャンペーン動画が