ナイキ、パッキャオの同性愛差別発言をうけ契約解除へ

February 18th, 2016

Manny-Pacquiao

ナイキとパッキャオのコラボレーション:Photo via Nike

 

2月17日(現地時間)、スポーツ用品最大手のナイキ社は、プロボクサーのマニー・パッキャオの「同性愛カップルは動物以下」発言をうけ、契約解除を発表した。

 

関連記事 >> パッキャオ、同性カップルを「動物以下」と非難

 

今週はじめ、ボクシング8階級制覇の世界王者パッキャオが、地元テレビ局のインタビューにて「動物は男か女か判断できるだけ(同性愛者より)マシだよ」「もし男同士、もしくは女同士で結婚するなんて動物以下さ」と差別発言を行い、大きなバッシングを受けていた。

 

 

そんなパッキャオの差別発言に、ナイキがスポンサー契約を打ち切る制裁にでた。

 

ナイキは、「パッキャオのコメントは忌まわしいものだと感じている。我々はいかなる差別にも厳重に抗議し、LGBTコミュニティーを支援している」と声明を発表した。

 

ナイキといえば、昨年の米プライドパレードにて、LGBT支援を掲げるコレクション『BETRUE COLLECTION(ビートゥルー・コレクション)』を発表するなど、積極的なLGBTサポートを行っている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

パッキャオ、「同性カップルは動物以下」発言をすぐさま謝罪

LGBT

ボクシング世界王者パッキャオ、同性カップルを「動物以下」と非難

LGBT

自然界に存在する、ゲイ&バイセクシャルの動物たち

LGBT

海老名市議が差別発言「同性愛者は異常動物」ネットで大炎上

FASHION

ナイキ、LGBTコレクションモデルの新スニーカーを発売

FASHION

ナイキ、LGBTプライド月間キャンペーンの新商品を発売