2016/12/31

ジョージ・マイケルは『カープール・カラオケ』に1番初めに登場したセレブリティ

 

 

先日急死した歌手ジョージ・マイケル。

 

関連記事 >> オープンリーゲイ歌手ジョージ・マイケル、53歳で死去

 

ジョージ・マイケルについて、おそらくほとんどの人が知らない事実といえば、『カープール・カラオケ』に1番初めに登場したセレブリティだということだ。

 

この『カープール・カラオケ』は、司会者ジェームズ・コーデンの人気番組『レイト・レイト・ショー』の名物コーナーで、ゲストと一緒に車の中でカラオケを披露するという人気企画。

YouTube動画としても配信されており、日本でも高い知名度を誇っている。

 

2011年、『カープール・カラオケ』は米CBSのチャリティーキャンペーン「Comic Relief」の一環として初めて放送。そこにジョージ・マイケルが登場したというわけだ。

 

ジョージは自身のヒット曲「アイム・ユア・マン」「フリーダム」を、コーデンと共に熱唱している。

 

 

 

 

『カープール・カラオケ』は、一度限りのはずだったが人気を呼び、同番組を代表する名物コーナーへとなった。

 

これまでに、ジャスティン・ビーバー、マドンナ、レディー・ガガ、マライア・キャリー、アデルら、多くのセレブリティが出演。YouTubeにて延べ10億回再生を記録している。

 

以下の動画は、これまでのベストシーンを集めたYouTube動画。こちらもチェックしてみて。

 

 

 

Text via : GayStarNews

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline