沖縄県那覇市、同性パートナーシップ制度開始。全国で5例目

February 23rd, 2016

GENXY

 

 

沖縄県那覇市が、同性カップルを結婚と同等の関係と認める「パートナーシップ制度」を、7月17日から開始することがわかった。

 

那覇市では、昨年7月の「レインボーなは宣言」以降、LGBT理解を深める取り組みを実施しており、今回の制度導入を検討してきた。

 

また今回の制度は、議会事項の条例ではなく、市長による決裁でより早く制定できる要綱案(東京・世田谷区と同一)とのこと。

同件にかかわる久場部長は「当事者に寄り添いスピード感を持って実施したい」と語っている。

 

今回の那覇市のパートナーシップ制度は、渋谷区(東京)、世田谷区(東京)、宝塚市(兵庫)、伊賀市(三重)に次ぐ全国5例目となる。

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

パナソニック、社内規定で同性婚を認める

LGBT

台湾史上初の女性総統が誕生。台湾の同性婚実現に前進

LGBT

台湾、台北市と高雄市が同性パートナーシップ制度で連携

LGBT

2015年「ベスト・LGBT広告」10選

LGBT

アメリカ、同性婚解禁により経済効果が975億円に上る

LGBT

【インタビュー】LGBT先進国オランダから学ぶ、日本で同性婚を可能にす