「治療中のHIV陽性者からは感染しない」という事実を、4人に1人のゲイしか知らない

August 3rd, 2017

 

 

テレンス・ヒギンズ・トラストが行なった最新の調査によると「抗レトロウイルス治療を効果的に受けているHIV陽性者からHIVに感染することはない」ということを25%のゲイ・レズビアンの回答者が『知らない』と言うことが明らかとなった。

 

また一般には、その事実についてたった9%しか知られていないことが明らかとなった。

 

結果を受けて同団体は、「時代遅れのHIV感染についての情報は、スティグマや差別を生み出す」と懸念している。

 

また2,022人が協力した今回の調査では、「3人に1人の成人はHIV陽性者の応急措置を行うことに抵抗がある」と回答した。

 

さらに、39%の人々が、「例え効果的な治療中にあってもHIV陽性者とデートすることには抵抗がある」と回答した。ゲイ・レズビアンは14%、バイセクシュアルは22%に留まった。

 

調査結果を受けてテレンス・ヒギンズ・トラストのマイケル・ブラディ博士は「2017年なのに、HIVの感染有無によって人々の扱いが異なるのは、悲しい。なぜなら私たちは、自信を持って、効果的な治療にあるHIV陽性者はHIVウイルスを他者に移すことはないと断言できるからです。移らないんです」

 

「HIVについて知っている人が多いとされるゲイコミュニティーですら、4人に1人のゲイしかこの事実を知らないということは、みちのりは長いということです」

 

テレンス・ヒギンズ・トラストの効果的な治療を受けているHIV陽性者からのHIVウイルス感染についての調査は昨年行われ、調査では効果的な治療を受けているHIV陽性者と非感染者の58,000件のコンドームなしでのセックスを観察したという。

その結果、効果的な治療を受けているHIV陽性者、即ち治療によってHIVウイルスが「検知不可」状態にあるHIV陽性者とのセックスでは、HIVウイルスの感染が1度も認められなかったことが明らかとなった。

 

Text via : Pink News

OTHER

LOVE

HIV陽性者の自殺率は一般の2倍(調査結果)

LGBT

ゲイに蔓延するHIV予防を目的とした「SH外来」、ネット番組が特集へ

LOVE

HIV陽性者の平均寿命は78歳。一般とほぼ変わらない結果に(研究結果)

LOVE

日本初、「アナル」の性感染症を検査・治療できるクリニックとは?

LOVE

自分のカラダの「すべて」を知ろう。セックスのこと、HIVのこと

LOVE

「HIVへのスティグマ」を取り除くキャンペーン動画