イアン・ソープ「デートは思ってたより難しい…」カミングアウト後の心境を語る

November 11th, 2015

 

昨年6月、ゲイであることをカミングアウトした元競泳選手のイアン・ソープ。

これまで計5つのメダルを獲得した競泳界のスターは、カミングアウトから1年半経った現在の心境をSunday Style誌のインタビューで語った。

 

恋愛でどんな人を求めているかと聞かれたソープは、「まずは頭がおかしくない人。あとはオーストラリア在住な人であれば。」と語り、「デートするのは思っていたより難しいよ…。『いったい普通な人はどこにいるんだよ!?』って感じ。僕はちゃんとしたデート経験が少ないから、不意打ちをくらうことが多いんだ。」

「別に僕が厳しく採点しているわけではないよ!だけど、実際変な人がいるんだからさ。」

 

ソープは、ゲイアプリや出会い系サイトではなく、伝統的な出会い方でデートをしているそう。しかし、これまで数人とデートしたが恋人に発展しなかったと語る。

インタビュワーは、「あなたの名声がデートの助けになったか、それとも妨げになったのか?」と尋ねると、「じゃあその言葉は、デートが上手くいかなかった時の言い訳で使わせてもらうよ(笑)」と冗談まじりに話している。

 

 

また、カミングアウトから1年半経った現在の心境についても明らかにした。

「カミングアウトは僕にとって第二の思春期なんだ。」と語り、16歳からセクシャリティに葛藤していた過去を振り返る。

「ゲイであることを望んでいるわけではないが、今となっては、全てを乗り越えた自分の人生を楽しむことができているよ。アップダウンはあるけど、次第に自分自身を受け入れている。これからの良き未来に期待してるよ。」

 

世界的成功を収めた33歳のオリンピックチャンピオンは、新しい人生をスタートさせたようだ。

 

via : Gay Star News

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

人気エレクトロバンド「パッション・ピット」のフロントマンがカミングアウ

LGBT

元プロボクサー、ゲイビデオ出演騒動でバイセクシャルをカミングアウト

LGBT

ソチ五輪銀メダリスト、ガス・ケンワーシーがカミングアウト

LGBT

【総集編】LGBTスポーツ選手まとめ

LGBT

マイリー・サイラス、14歳で母親にカミングアウトを明かす

LGBT

【総集編】2014年カミングアウトした有名人まとめ