ジェームズ・フランコ「芸術面はゲイ、セックスはストレート」自身の二面性を語る

March 19th, 2015

ジェームズ・フランコ

 

 

イケメン俳優ジェームズ・フランコ。数々のゲイ役を演じ、私生活でもゲイの噂が絶えないジェームズが、Four Two Nine誌のインタビューで自身のセクシャリティーについて語った。

インタビューは、『ゲイのジェームズ』と『ストレートのジェームズ』といった、自身の二面性に分けた異色の対談形式で綴られている。

 

 

ストレートのジェームズが「お前は自分をゲイと思っているのか?」という質問に対してゲイのジェームズは、「僕は芸術面においてはゲイで、普段の生活ではストレートだと思ってる。でも、セックスまでの段階は普段の生活においてもゲイだな。それ以降はストレート」と答えた。

 

続けて、「何をもってゲイと呼ぶかによるよね?誰とセックスをするかでいえば、僕はストレートだ。でも1920年代から30年代は、誰とセックスをするかではなく、態度によって同性愛が定義されていた。船乗りは男と頻繁にヤッてたけど、彼らは男らしいルックス・態度だったからゲイとは見なされなかったしね」と独自の見解を語った。

オープンマインドな彼は、どうやらゲイの側面とストレートの側面の両方を持ち合わせているらしい。

 

ジェームズ・フランコは、『ミルク』でゲイの青年役を演じて以来、『ザ・インタビュー』でセス・ローゲンと、『I am Michel』でザカリー・クイントとキスシーンを披露するなど、これまで多くのゲイ役を演じてきた。

 

 

 

James Francoさん(@jamesfrancotv)が投稿した写真

 

 

James Francoさん(@jamesfrancotv)が投稿した写真

 

 

James Francoさん(@jamesfrancotv)が投稿した写真

 

 

 

また、340万人超のフォロワーを誇る自身のインスタグラムでは、セクシーなセルフィーを披露し常に注目を集めている。

 

 

 

James Francoさん(@jamesfrancotv)が投稿した写真

  3  

 

LAST ONE TODAY – photo by my man, TERRY RICHARDSON! James Francoさん(@jamesfrancotv)が投稿した写真 –

 

 

ストレートとゲイの二面性を持ち合わせ、セクシャリティーを定義しないジェームズ。

ハリウッドスターの中でも一際個性を放つ彼の動向に今後も目が離せない。

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

マット・ボマー、ガガと共に『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン5

LGBT

ドルチェ&ガッバーナのLGBT家族否定発言に、セレブリティーが大バッシ

LOVE

ジェームズ・フランコ × ザカリー・クイントの熱~いキス

ENTERTAINMENT

スリル満点のクライムサスペンス!映画『パーフェクト・プラン』が劇場公開

LGBT

エミネムが『ザ・インタビュー』でカミングアウト!?

LOVE

イケメンセレブ達のセルフィーが気になる。