October 8th, 2018

米、ゲイをカミングアウトした10歳児を母親が殺害。死刑の可能性も

米ロサンゼルスにて、ゲイをカミングアウトした10歳の男児を殺害したとして、母親と内縁の男が逮捕。ABC7によると、死刑の可能性もあると報道されている。

 

 

*殺害されたアンソニー・アバロスくん

 

 

母親ヘザー・バロン容疑者は、息子アンソニー・アバロスくんの殺害容疑で逮捕された。

 

20186月、自宅で遺体となって発見されたアンソニー君のカラダには、たばこの火傷と殴打の跡だらけだったそう。

アンソニー君はゲイをカミングアウトした直後に殺害されていることから、殺害が意図的であり、かつ拷問をした疑いがある。

 

また、バロン容疑者の内縁の男、カリーム・レイヴァ容疑者も、アンソニー君の顔を鞭打ちや、ホットソースをかける、頭から地面に叩きつけるなどの暴行を加え、度重なる虐待をしたとされ逮捕。

 

現在、容疑者2人は保釈なしの拘留中。ABC7によると、行為の残虐性から死刑の可能性もあるという。

 

今回の事件のように、セクシャリティが原因で、虐待をうけたり親から拒絶される子供は多い。

アメリカにおいて、若年層のホームレスの3人に1人はLGBTとされており、深刻な社会問題となっている。

 

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

世界的スター、マックス・エマーソンも来日!SKYNブースが大盛況

LOVE

朝のセックスを断られたゲイ男性、彼氏を刺して逮捕

LGBT

家を追い出されたゲイ少年、クラウドファンディングで学費を募り700万円

LGBT

トロント、ゲイを狙った連続殺人事件が発生。6人の遺体が発見

LGBT

LGBTの若者ホームレスは人身売買の被害にあいやすい(米調査)

LGBT

【コラム】「オーランド事件」がどうして起こったか?LGBTの心理から考