2017/10/19

公開中止となったトランスジェンダー映画『アバウト・レイ 16歳の決断』、再度公開へ!

女優エル・ファニングがトランスジェンダー役を演じた映画『アバウト・レイ 16歳の決断』が、2018年2月3日から日本公開されることがわかった。

 

 

© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.

 

同作といえば、当初2016年初旬に公開される予定だったが、製作国アメリカの公開延期をうけ、日本では中止が発表された作品だ。

 

関連記事>> 『アバウト・レイ 16歳の決断』、日本公開が中止へ…

 

『アバウト・レイ 16歳の決断』は、女性から男性へと性別適合手術を望むトランスジェンダーを描くLGBT映画。

今回、髪を短くし体当たりで役に挑んだエル・ファニングは、「これまで演じたどの役よりも誇りに思っているし、レイという男の子が大好き。」とコメントしている。

 

STORY

16歳になり、身も心も男の子として生きたいと決断した主人公・レイ(エル・ファニング)。医者から受け取ったホルモン治療についての見慣れない資料に呆然とするシングルマザーのマギー(ナオミ・ワッツ)は、「突然、息子を育てることになるなんて・・」と、動揺を隠せない。共に暮らすレズビアンのおばあちゃんのドリー(スーザン・サランドン)もレイのカミングアウトをイマイチ理解ができないでいる。

一方、髪を短く切り、身体を鍛え、少しずつ“本当の自分”に近づいていくことで生き生きしてくるレイ。そんな姿を見てマギーは意を決して、治療の同意書のサインをもらうために、何年も会っていない別れた夫に会いに行くのだが、そこでまさかの“家族の秘密”が明らかになる――。

 

以下予告編。

 

 

 

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』
2018年2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline