2018/10/09

最後は二丁目でゴール!「生産性がない」発言にパレードで抗議

10月8日、東京・新宿で「東京 ラブ パレード(TOKYO LOVE PARADE)」が開催。

500人以上のLGBT、アライが集結し新宿の街を大行進した。

 

 

Photo : toboji

 

今回パレードを企画したのは、NPO法人「東京レインボープライド」だ。

通常、プライドパレードは毎年5月のGW時期に開催されるが、今回は、杉田水脈議員の差別発言に意義を唱えるためと、東京都で制定されたLGBT差別禁止を盛り込んだ初となる条例「人権尊重条例案」の可決を祝したもの。

 

スローガンは、『LOVE & EQUALITY|すべての愛に、平等を。すべての命に、平等を』だ。

 

パレードには、LGBTアクティビストの松中権氏、杉山文野氏、増原裕子氏らが参加したほか、タレントで文筆家の乙武洋匡氏、カミングアウトで話題になった勝間和代氏、声優の三ツ矢雄二氏ら多くの著名人もかけつけた。

 

 

Photo : toboji

 

通常の「プライドパレード」では、代々木公園~原宿といった渋谷区をコースとしているが、今回は新宿中央公園からスタートし、青梅街道、靖国通り、最後は新宿二丁目でゴール。これまでにない新宿にフォーカスした大規模なパレードとなった。

 

 

 

Photo : toboji

 

同パレードの発端となったのは、ご存知、杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」発言だ。掲載された「新潮45」は休刊になったものの、いまだ杉田議員から訂正や謝罪はない。

 

この発言に対し多くの当事者団体が声をあげ、7月27日に自民党本部前で約3000人の大規模な抗議デモが起こり、今回のラブパレードでも多くの参加者が愛と人権を訴えた。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

FASHION

ゲイとキャンプの関係。METガラのテーマ〈キャンプ〉を紐解く

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline