2017/11/13

「同性パートナーシップ制度」をテーマにした楽曲、やる気あり美がリリース

2015年11月5日は、東京・渋谷区で日本初の「同性パートナーシップ制度」がスタートした日だ。

 

今年で2周年を迎える同制度をお祝いしようと、LGBTエンタメ団体やる気あり美が、新曲「ピー・エス・エス」をリリースした。

 

 

Photo : やる気あり美「ピー・エス・エス」より

 

「ピー・エス・エス(PSS)」とは、同性パートナーシップ制度の略。

楽曲リリースに合わせて公開されたミュージックビデオでは、やる気あり美のメンバーをはじめ、LGBTから子供まで参加。渋谷駅ハチ公前や丸井MODI前、代々木公園など、渋谷区のあらゆる場所でダンスダンスダンス!!

 

以下、ミュージックビデオは必見!

 

 

 

 

底抜けに明るいハッピーチューンで、今までにない斬新すぎるLGBTテーマの楽曲。

 

一見、ハッピーなお祝いソングかと思いきや、やる気あり美によると「もっとみんなに制度を使ってみてほしい」という願いが込められているそうだ。

 

制作背景について、メンバーはこう話す。

「同性パートナーシップ制度が『制度的前進』としてばかり語られてしまい、申請のキッカケとなるはずの『社会的承認がもたらす幸福感』が忘れられているのではないか?という思いがあります。『ただの制度』ではなく、『世の中のハッピーなこと』として、同性パートナーシップ制度を使ってみたいとより多くの人に思ってもらうためこの曲を制作しました」

 

そう話すように、渋谷区で制度導入から2年経ったが、まだ24組しか制度を利用していないそうだ。

 

しかしながら、この渋谷区の制度をキッカケに、今では全国の自治体に広がり、大企業を中心に同性パートナーへの福利厚生や顧客向けサービスが拡大しつつある。

 

日本で同性婚こそできないが、パートナーとの幸せを共有するツールとして「同性パートナーシップ制度」は、素敵な選択かもしれない。

 

やる気あり美|公式サイト

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline