2019/11/19

同性婚を合法化した国で、LGBTQの自殺率が激減

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

現在世界で30ヶ国が同性婚を合法化しているが、そのうち少なくとも2ヶ国で自殺率が大幅に低下したことがわかった。

 

 

 

 

デンマーク自殺予防研究所とストックホルム大学の共同調査によると、同性婚を合法化したスウェーデンとデンマークでは自殺率が大幅に低下したと結論づけた。

 

スウェーデンは2009年、デンマークは2012年に同性婚が合法化されている。

研究者は、1989年~2002年、2003年~2016年の2つの期間で調査。

 

その結果、同性愛者の自殺率が46%と大幅に減少。驚くべきは、ストレートの自殺率も28%低下しており、同性婚の恩恵を受けるのは同性愛者だけでないことがわかった。

 

同研究の筆頭著者のアネット・アーランセン氏によれば、結婚が自殺の防止策になることや、同性婚によりLGBTQ+の社会的支援のシステムを増加させ、孤立感、抑うつ、スティグマの解消につながったことが影響していると述べている。

 

ちなみにアメリカでは、2015年の同性婚合法化以降、10代の自殺率が14%減少したことも分かっている。

 

関連記事|アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

 

このように、同性婚によるさまざまな良い影響が続々と明らかになっている。

現在、世界195ヶ国のうち、30ヶ国が同性カップルへの法的保障を認めている。そのほとんどがヨーロッパ、北米、南米に集中している。

 

世界的に「自殺率が高い国」である、日本、韓国、ロシア等ではいまだに同性婚は認められていない。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline