2019/11/08

「センス8」のブライアン・J・スミスがカミングアウト

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

Netflixドラマ「センス8」で知られる米俳優ブライアン・J・スミス(Brian J. Smith)が、ゲイであることをカミングアウトした。

 

 

Photo via : attitude

 

Netflixオリジナルドラマ「センス8」は、メインキャラクターの中にレズビアン、トランスジェンダー、ゲイが多数登場する傑作LGBTドラマとして知られている。

 

メインキャラクターの警官、ウィル役として出演したブライアン・J・スミスは、これまで自身のセクシュアリティについて語ることはなかった。

そんな中、英ゲイ雑誌attitudeの今月号の表紙に登場し、ゲイであることをカミングアウトしたのだ!

 

 

Photo via : attitude

 

アメリカの中でも保守的な地域・テキサス州出身のスミスは、「テキサスでクィアとして育つことはとても苦労した」と自身の青春時代を振り返る。

 

「学校で僕はイケてるわけでも、オタクでもどちらでも無かったけれど、どこにも居場所がなかった」

 

オカマ(faggot)やヤリマン(pussy)など、ゲイを侮蔑する言葉が飛び交う学生時代の経験から、彼は長らく自身のセクシュアリティや気持ちに蓋をしてきた。

 

「常に自分自身のことをチェックしながら過ごしていました。僕が他人をジッと見ていないか、また他人を不快な気持ちにさせていないかなど」

 

俳優になった彼は、役を演じることによって孤独感が減り、また家族からのサポートがあったことで、カミングアウトを決意したという。

 

「家族からのサポートは素晴らしかったです。家族は僕から何かを話すことを(感じて)待っていたようです。とても大きな信用を与えてくれました」

 

 

 

 

彼の出世作である「センス8」は、LGBTテーマが絡み、セックス描写も豊富なことで話題になったドラマだ。

同作への出演が、彼のカミングアウトに大きな影響を与えたのかもしれない。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline