2016/01/18

フェティッシュ系ゲイアプリ「Recon」の屋外広告が話題に

リコンの広告/TOP

Photo via : Recon’s Twitter

 

英ロンドンにて、フェティッシュ系ゲイアプリ『Recon(リコン)』が、電話ボックスに広告出稿し話題を呼んでいる。

 

16年前にスタートした『Recon(リコン)』は、レザー&ラバー好きなフェティッシュなゲイの為の出会い系サイト&ゲイアプリ。

 

ロンドン中心街の電話ボックスに張り出されたポスターは、レザー&ラバーに身を包んだゲイ男性が映されており、「JOIN US Recon(リコンに参加しようぜ)」といった広告コピー。

 

同アプリのマーケティングマネージャー、サンディ・ピアニム氏は、「我々は、世界中のフェティッシュなゲイ達を魅了してきました。」「フェティッシュは、ゲイのライフスタイルの正常な一部です。なので、屋外広告を展開することを決めました。」と語っている。

 

 

ゲイアプリの広告といえば、昨年9月にゲイアプリ『Squirt(スクワート)』が、カナダ・トロントにて、地下鉄&バス停に広告出稿し物議を醸していた。

関連記事 >> ゲイアプリが駅内に広告ポスターを設置し物議を醸す

 

 

squirt-1.0

*物議を醸したゲイアプリ『Squirt(スクワート)』の電車内広告

 

結局、『Squirt(スクワート)』は交通委員会により「不適切」であるとして撤去されたが、アプリ側はアダルトではなくゲイのライフスタイルを打ち出した広告として訴えを起こしていた。

 

今回のReconの広告は、Squirtに比べ過激な表現を控えており、現段階で撤去などはされていない。

 

ゲイアプリが、大衆向けに屋外広告を出すことは画期的だが、LGBTマーケティング会社「Out Now Consulting」のイアン・ジョンソン氏は、これらに警鐘を鳴らしている。

「目標ユーザーを獲得したいアプリ側としての広告表現は分かるが、屋外広告によりカミングアウトをしていないクローゼットなゲイ達が、ゲイではないユーザーにも認知されてしまう可能性があります。会員規制など何かしら対策を取るべきでしょうね。」と語っている。

 

 

 

 

あなたは街中にゲイアプリの広告があったら、どう思うだろうか?

もしかしたら、日本でもゲイアプリ広告を見る日がくるかもしれない。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】グルーミングで自分らしさを高めよう

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

男ふたりのデートガイド in 谷根千

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

無理せず鍛えて、筋トレをライフワークに─ススム(モデル/GOGO)

LIFESTYLE

男ふたりのデートガイド in 谷根千

ENTERTAINMENT

ゲイは女の子と付き合えば”ふつう”になれるのか?ドラマ「腐女子、うっかりゲイに告る」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline