2016/01/19

「教養の無い法案」ロシア連邦議会、新アンチゲイ法案を否決

ロシアの新アンチゲイ法案が却下

via : Gay Star News

 

ロシアの「新アンチゲイ法案」が、1月19日のロシア連邦議会にて否決されたことが分かった。

 

1月12日に報じられた「新アンチゲイ法案」は、ゲイであることをカミングアウトするだけで、15日以下の収監や、5000ルーブル(約7600円 )の罰金に処されるという、極めて差別的な法案。

関連記事 >> ロシア、新たな「アンチゲイ法案」が決定予定。収監や罰金など厳しい罰則も

 

同法案を提出した共産党のIvan Nikitchuk議員は、ロシア・ニュースサービスに対し、「我々はロシアの伝統的な価値観を守り尊重しなければならない。西欧から来るクズたち(ゲイ)はロシアにとって異常だ。」と発言。

 

同法案に対し、ロシア連邦議会は否決の判断を下す。

RBC通信社によると、委員会副会長Dmitry Vyatkin氏は、「法律的観点から見た際に、同法案は全くもって教養が無いもの。」とバッサリ。

 

自由欧州放送によれば、議会でNikitchuk議員が「同性愛は伝染病だ!」「ロシア社会への脅威だ!」と法案を主張している際に、他の議員らは忍び笑いをしていたそう。

 

Nikitchukは続けて、「同性愛はヤク中、アル中と同レベルの病気だ。その上、伝染病だ!」「自己を確立していない若者を脅かす重大な脅威だ。」と極めて差別的な発言を連発している。

 

国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチは、「同法案は極めて差別的で、立法において不合理である」と非難した。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline