January 2nd, 2019

タイ、同性カップルを法的に認める。台湾に次いでアジア2番目

タイにて、同性カップルを男女の結婚と同様に認める「市民パートナーシップ法案」が制定されることがわかった。

 

同性カップルを認める法律を制定したのは、台湾に次いでアジア2番目となる。

 

 

 

 

この「市民パートナーシップ法案」(一般的にはシビルユニオン)は、同性カップルに男女の結婚に準じる様々な権利(法的な配偶者となり、相続、福祉面など)を認めるもの。しかし養子など一部の権利は認められていない。

 

同制度の登録は、両者が20歳以上で、どちらかがタイ国民であることが条件となる。

 

タイでは同性婚を認めるよう、これまで多くのLGBTQの当事者団体がデモやパレードを行ってきた。政府と話し合いを進めてきた結果、「同性婚(=男女間と同等)」ではないものの、はじめて同性カップルの法的保障が成立することになったのだ。

 

アジア全体で見てみると、今回のようなパートナーシップ法(シビルユニオン)を制定するケースが増えている。※ただし日本は同性婚もシビルユニオンもない※

 

台湾では今年5月に制定される予定で、タイでは早ければ2月にも制定される見通しだ。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

LGBT

同性婚が合法化されたオーストラリア、半年で3000人以上が結婚

LGBT

台湾、同性婚破れる。国民投票で反対票が上回る

LGBT

国内初、同性婚を求め 複数の同性カップルが国を提訴

ENTERTAINMENT

タイ版「ドラァグ・レース」、予告編が公開

LGBT

イタリア、同性婚相当の「シビルユニオン」可決。欧主要国全てで同性カップ