2019/01/02

タイ、同性カップルを法的に認める。台湾に次いでアジア2番目

タイにて、同性カップルを男女の結婚と同様に認める「市民パートナーシップ法案」が制定されることがわかった。

 

同性カップルを認める法律を制定したのは、台湾に次いでアジア2番目となる。

 

 

 

 

この「市民パートナーシップ法案」(一般的にはシビルユニオン)は、同性カップルに男女の結婚に準じる様々な権利(法的な配偶者となり、相続、福祉面など)を認めるもの。しかし養子など一部の権利は認められていない。

 

同制度の登録は、両者が20歳以上で、どちらかがタイ国民であることが条件となる。

 

タイでは同性婚を認めるよう、これまで多くのLGBTQの当事者団体がデモやパレードを行ってきた。政府と話し合いを進めてきた結果、「同性婚(=男女間と同等)」ではないものの、はじめて同性カップルの法的保障が成立することになったのだ。

 

アジア全体で見てみると、今回のようなパートナーシップ法(シビルユニオン)を制定するケースが増えている。※ただし日本は同性婚もシビルユニオンもない※

 

台湾では今年5月に制定される予定で、タイでは早ければ2月にも制定される見通しだ。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline