2016/12/22

イケメン俳優のラッセル・トヴェイ「ゲイであることは、僕に起こったことで1番よかったこと」

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

LGBT映画「パレードへようこそ」や、日本上陸のゲイドラマ「LOOKING/ルッキング」で知られる、オープンリーゲイ俳優ラッセル・トヴェイ。

 

彼は自身のセクシャリティと「男らしく」あることへのプレッシャーについて、新作映画「The Pass(原題)」についてのインタビューで語った。

 

 

 

Photo via : The Pass

 

「成長する過程で過度に「男らしく」なろうとしていたよ」とトヴェイは過去の自分を振り返る。

 

「子どものころは、今回僕が「The Pass」で演じているジェイソンのように、もっと自由な人間だったと思う。ただ、ジェイソンのように自分がゲイであることで苦しんだ経験はなかったよ」

 

トヴェイの出演する映画「The Pass」は、サッカーのプレミアリーグで活躍しながら自身のセクシャリティに悩むサッカー選手の物語で、英国では今月よりすでに公開が始まっている。

 

「子どもの頃に「とても素敵なこと-初恋のフェアリーテール-(1996)」というゲイをテーマにした映画をテレビで観ていて、母が部屋に入ってくるとテレビを消したもんだよ。母が部屋からいなくなると、またテレビをつけてね。「これでいんだろ」って感じで、自分のセクシャリティについてそんなに困ったことはなかったね」

 

「「とても素敵なこと-初恋のフェアリーテール-(1996)」は「頑張れ」と背中を押してくれるような、ハッピーエンディングのラブストーリーなんだ。映画だったけど当時ロールモデルがいたことは心強かったし、今はさらに多くのロールモデルがいて嬉しいよ」

 

トヴェイが自身のセクシャリティに気づいたのは、14歳の時だったという。

 

「正直、ゲイであることは、僕にとって人生で1番よかったことだよ。おかげでキャリアも築けたしね」

 

 

*以下、「The Pass」予告編。日本での公開は未定となっている。

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline