2015/12/23

マドンナ、電源が切れるアクシデントの中「ホリデー」を観客と共に大合唱

Madonna-performs-at-the-Hydro-Arena-in-Glasgow

 

 

マドンナが開催中の世界ツアー『レベル・ハート・ツアー』にて、コンサート終了前にステージ電源が切られるアクシデントが発生。

そんな中、「ホリデー」を観客と共に大合唱し話題になっている。

 

12月20日(現地時間)スコットランド・グラスゴー公演にて、コンサートのラスト楽曲「ホリデー」の前に、突如ステージ電源がダウン。会場の照明からマドンナのマイクまで停止する中、それでもポップの女王は止めることなく歌い続けた!

 

 

 

 

今回のトラブルは、コンサートの遅延が原因としている。

会場の「SSEハイドロ」は、通常23:00までだが、マドンナのコンサートは23:30過ぎと時間を押していたそう。

 

しかし、会場側が電源を切ったわけではないと、「SSEハイドロ」スポークスマンは話す。「マドンナは同意していたセットリストを終えた後、もう1曲ステージに上がることにしたのです。その段階では、すべての電源は、既にマドンナ自身のプロダクション・エンジニアによって外されていました。これは我々の判断ではないことを強調しておきます」

 

ステージの電源が落ちるという同様の事例が、つい先日のマンチェスター公演でも起こっていた。

関連記事 >> マドンナ、観客の大ブーイングに「ビッチ達!お黙り」とピシャリ

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline