2016/12/26

オープンリーゲイ歌手ジョージ・マイケル、53歳で死去

「ラストクリスマス」で知られる、オープンリーゲイ歌手のジョージ・マイケルが、クリスマスの12月25日に死去。53歳だった。

 

 

Photo via : georgemichael.com

 

ジョージ・マイケルは、英国オックスフォードシャーの自宅にて死去。死因について発表はされていないが、英警察によると不審な点はないとしている。

 

広報担当者によると、「私たちの愛すべき息子、兄弟、そして友人であるジョージが、このクリスマスの期間に自宅で亡くなったことは大きな悲しみだ。家族はこの困難な時にあってプライバシーを尊重してほしいと望んでいる。現時点でこれ以上のコメントはない」と発表した。

 

ジョージ・マイケルは、81年にポップデュオ「ワム!」を結成。「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」、「ラスト・クリスマス」などヒットを連発し一世風靡。

その後はソロシンガーとして現在まで活躍していた。

 

 

Photo via : georgemichael.com

 

歌手として活躍する一方で、1998年に公衆トイレでの猥褻行為による現行犯逮捕や、度重なる大麻所持で捕まっており、私生活でもスキャンダルの絶えない人物だった。

 

無精髭の兄貴ルックスで、長年に渡り世界中のゲイカルチャーを牽引してきた人物として、彼の功績は計り知れない。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline