2019/01/25

『ボヘミアン・ラプソディ』の監督に性的暴行疑惑

興行収入100億円を超え、世界的に大ヒット中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』の監督ブライアン・シンガーに、未成年に対する性的暴行疑惑が掛けられている。

 

 

 

 

ブライアン・シンガーは、『X-MEN』シリーズなどで知られるオープンリーゲイの映画監督。

同作でメガホンを取っているが、完成間近にして現場に来なくなり、監督をクビになっている。

 

そんなシンガーは、1998年の監督作『ゴールデンボーイ』の撮影現場にエキストラとして参加していた当時13歳だったヴィクター・ヴァルドヴィノスに対してセクハラをしたとして訴えられている。

 

ヴァルドヴィノスによれば、ロッカールームでの場面で服を脱いで、タオルを被るように指示を受け、当時30代だったシンガーから性的暴行を受けたと激白。

「ぞっとして言葉を失いました。その日、彼は僕のいたロッカールームに戻ってきて、性的ないたずらをしました」

 

また、性的暴行被害を受けたとされるのは、ヴァルドヴィノスを含め4人ともいわれている。いずれも10代の男子たちは、シンガーとセックスしたと証言。

 

関連記事 >> ケヴィン・スペイシー、新たに複数男性からセクハラを告発。警察が捜査へ

 

ちなみに、シンガーが性的暴行疑惑をかけられるのは今回が初めてではない。

 

20144月には、1999年当時17歳だったマイケル・イーガンをレイプしたと訴えられたが、原告の訴えが不一致だとして棄却されていた。

さらに201712月には、2003年にヨットで開かれたパーティーで、シーザー・サンチェス・グズマンに対してオーラルセックスを強要したとして訴えられたが、現在審理中だ。

 

性的暴行絡みの問題が絶えないシンガー。

結局『ボヘミアン・ラプソディ』から直前で降板したものの、映画では監督としてクレジットされている。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline