2017/03/22

ブルボンヌが語る、LGBT映画『ムーンライト』の魅力

先日のアカデミー賞にてLGBT映画としては史上初の〈作品賞〉を受賞した映画『ムーンライト』。3月31日の公開に先駆けて、特別試写イベントが都内で開催された。

 

同イベントには、女装パフォーマーのブルボンヌがゲストで登場。映画を観た感想を率直に語った。

 

 

Photo © GENXY

 

観終わったあとに反芻したくなる、コクのある映画

 

『ラ・ラ・ランド』との一騎打ちとなり、大きな話題を集めた『ムーンライト』。

女装パフォーマーながら映画ライターとしても活躍し、LGBT映画に造詣の深いブルボンヌは『ムーンライト』をどう観たのだろうか?

 

「作品を観た率直な感想としては、「あれ、こんな感じなんだ」っていうぐらい、想像していたよりもあっさりした表現でしたね」

「なんだけど、二回目に観たら、一回目より心に沁みたんです。劇中で起こる様々なことが雫のように心に垂れてきて、あとで自分の中で反芻するような感じ。とても深みのある、コクのある映画ですね」

 

 

あの『ブロークバック・マウンテン』を超えられたのはなぜか?

 

『ムーンライト』はLGBT映画としては史上初となる、アカデミー賞の最高峰〈作品賞〉を受賞したことで話題になっている。

 

関連記事 >> 史上初!ゲイ映画「ムーンライト」が、アカデミー賞最高峰の〈作品賞〉を受賞

 

「今回、LGBT映画で〈作品賞〉受賞は初だけど、これまでオスカーのノミネート作品はたくさんあったわよね。それこそ1985年の『蜘蛛女のキス』にはじまり、2005年の『ブロークバック・マウンテン』なんかが有名。ここ最近だと『キッズ・オールライト』『イミテーション・ゲーム』など名作が続いてる」

 

不朽の名作『ブロークバック・マウンテン』さえも成し遂げられなかったオスカー作品賞。これまでのゲイ映画と比べて、『ムーンライト』がオスカーを獲得できた理由は何だろうか?

 

「『ブロークバック・マウンテン』は分かりやすい壮大な映画よね。だけど『ムーンライト』は単館上映タイプの映画だなと思った。昔だったらアンダーグランド扱いされるだろう作品が、まさかのアカデミー賞作品賞という世界の頂点になったのは凄いこと!」

 

「それには、”白人だらけのオスカー騒動”や近年のLGBTムーブメントなどの後押しを受けて、時代に乗ったというタイミングの良さもあった。だけど、そんな時代背景も含めて映画だと思うのよね」

 

「メッセージの受け手(観る側)の許容度がないと、大きな賞に乗っからせてもらえない。言い方は適切かはわからないけど『受け手が成長している』のを感じるわ」

 

次のページ >> どのボーイズラブ作品よりも純愛を描いている

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LOVE

「田舎ゲイあるある」9選

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

台湾、同性婚が正式に閣議決定。アジア初の同性婚可能国に!

ENTERTAINMENT

田亀源五郎による「日本のゲイ・エロティック・アート」を振り返る展覧会

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline