2021/12/07

【速報】東京都「同性パートナーシップ」導入を決定!

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

東京都が「同性パートナーシップ制度」の導入を決定。

12月7日夕方、東京都の小池百合子知事が明らかにした!

 

 

 

 

「同性パートナーシップ制度」は、同性パートナーを結婚相当に認めるというもの。法的効力はないが、証明書の利用やさまざまなサービスが使用可能になる。

 

小池知事は、「生活上の困りごとの軽減につなげ、多様な性に関する都民の理解を促進する」とした上で「多くの方々が利用できる制度となるよう検討していく」とのべ制度導入を決定。

 

制度の基本的な考え方を本年度中に決定し、導入は2022年度内になるそう。

 

同性婚につながる大きな一歩

 

 

 

現在、「同性パートナーシップ制度」は、全国138自治体で導入されており、そのうち、都道府県では大阪府、茨城県、群馬県、三重県、佐賀県の5つ。

人口カバー率は4割に達しており、今回の東京都の参加によってさらに高まる。

 

「同性パートナーシップ制度」自体に法的な影響力はないが、同性婚の実現に向けた大きな一歩であることは間違いない!

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ゲイ的・本当に気持ちいい「コンドーム」はどれ?【徹底ガイド】

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

BEAUTY

もっと「ひとり時間」を楽しもう!

BEAUTY

悪臭とおさらば〜!夏の「臭いケア」アイテム

LOVE

【タチ・ウケ別】セックスのお悩み解消アイテム

LGBT

オリンピック選手のセクシュアリティを暴露。「アウティング」が問題に

CULTURE

ゲイの水球チームを描いたスポ根映画?『シャイニー・シュリンプス』

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline