2019/01/29

「ゲイ矯正治療」を推進した悪名高い男性、自身がゲイだとカミングアウト

アメリカにて、ゲイを治して”ストレート”にすることを目的とした「ゲイ矯正治療」を推進してきた悪名高き男性が、なんと自身がゲイだとカミングアウトした。

 

 

デイヴィッド・マチソン

 

その男性とは、アメリカ人のデイヴィッド・マチソン。

モルモン教徒であり、ゲイは自然の摂理に反するとして、ゲイを治す「ゲイ矯正治療」を推進してきた悪名高い男性だ。

 

彼が推進してきたのは、同性愛者に自身の性的衝動・恋愛を抑え込み、最終的には異性と結婚するように導く矯正プログラム。

そんな「ゲイは有害。治すべき」としていた張本人が、ゲイをカミングアウトしたのだ!

 

マチソンは、ゲイ矯正治療と戦うキャンペーン団体「Truth Wins Out」にてこうカミングアウトした。

 

「私は、個人が誰に惹かれるかアイデンティティをどう選択するのか、その権利を支持します。その自由のおかげで、私は今、同性愛者としての生活を送ることを選んでいます」

 

「『ゲイ矯正治療』は、弱い立場にある人々の人間性を放棄させるために、罪悪感や恥を感じさせるべくした行為です。これは明らかに詐欺であり、全米50州で違法にするべきです」

 

彼はこれまで行ってきた矯正治療が間違ったことだと認め、治療の撤廃を訴えた。

 

 

 

 

マチソンの話でも出てくるが、現在アメリカでは50州中/30州もが「ゲイ矯正治療」を認めている。全米で同性婚が認められている2019年にも関わらず…!!

 

ゲイは自らの意思で変えることができない性的指向であり、”治療する”とは人権を無視した行為なのだが、「ゲイ矯正治療」を受けている人はアメリカで年間77,000人もいるとされている。

 

関連記事 >> ゲイ男性、『ゲイ矯正治療』をうけた恐怖を語る

 

それにしても、「ゲイ矯正治療」の指揮をとってきた人物のカミングアウトは衝撃的だ。

 

このカミングアウトに対し、矯正治療の被害者で別の訴訟で原告となっていたゲイ男性カイム・レビン氏はこうコメントを寄せた。

 

「マチソン氏が、彼本来の人生を見出したことを嬉しく思います。彼がLGBTQコミュニティに与えた害悪を正すために、今後できる限りのことをしてくれることを願っています」

 

関連記事 >> ゲイ権利に反対の米議員、男性とのセックスがバレて辞職。多数のセクハラ疑惑も

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

ナマには注意!セックスで気をつけるべきポイントとは?

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

男ふたりのデートガイド in 新宿

もしHIVになったら…人生どうなるの!? 感染後のゲイライフ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気YouTuberのケミオ(kemio)、ゲイをカミングアウト

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LOVE

忙しい現代人にこそオススメ。HIVの「郵送検査」がめちゃめちゃ便利

LIFESTYLE

みんなの職業は?年収は?気になる「ゲイたちの仕事事情」

ENTERTAINMENT

【特集】10年に1度の傑作ゲイ映画『ノーマル・ハート』とは?

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline