2019/01/03

アップルとアマゾン、アンチゲイなアプリをストアから撤去

 

 

アップルとアマゾンが、アンチゲイな宗教アプリをストアから削除したことがわかった。

 

この宗教アプリは、米テキサス州のLiving Hope Ministriesというキリスト教団体が提供していたもので、同性愛を「依存症」「病気」「罪」などと呼んだり、ゲイを”治療する”ポッドキャスト、記事などを提供していた。

 

この差別的なアプリに対して、米ゲイ権利団体Truth Wins Outはアプリを削除するよう求めるオンライン署名を集っており、それを受けアップルが最初にアプリを削除し、続いてアマゾンも違法性があると判断し削除した。

 

アメリカでは、いまだ年間70000件以上もゲイを治す「同性愛矯正治療」が行われている。それらを助長する同アプリの存在は、まさしく非人道的で差別的なものだ。

 

今回の対応は、プライドパレードにも積極的に参加し、LGBTフレンドリーな企業として知られているアップルとアマゾンらしい素晴らしい対応だ。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

仕事に潤いを!オフィスライフを快適にするアイテム7選

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

YouTube発ゲイドラマ『東京Neighbors』、シリーズ待望の続

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LIFESTYLE

どっちのゲイライフを選ぶ?ゲイと仕事のカンケイ

LIFESTYLE

あなたの仕事上のキャラとは?「 ゲイの為のキャリア診断」

LGBT

ゲイのミスターコンテスト、日本ファイナリストが発表

ENTERTAINMENT

アカデミー賞、ゲイ&レズビアンテーマの映画3作品が受賞へ!

ENTERTAINMENT

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline