2020/05/27

神父による少年への性的暴行を描いた衝撃作、7月に日本公開

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

フランスの鬼才フランソワ・オゾン最新作『グレース・オブ・ゴッド 告発の時』が、7月17日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開される。

 

本作は、神父が少年たちへ性的暴力をおこなった実話をもとにした衝撃作。

 

 

 

 

1人の勇気ある告発者から発覚した神父の性的暴行事件。

容疑者・プレナ神父は、教区を変えながら長年にわたって信者家庭の少年たち、のべ80人以上に性的暴力を働いていた。

 

これは「プレナ神父事件」と呼ばれており、現在も裁判が進行中というから驚きだ。(以下予告編)

 

 

 

 

これはフランスの事件だが、それ以外にもアメリカやカトリックの総本山・バチカン市国でも、聖職者による性的暴行が明らかになっており、非常に闇が深いテーマなのだ。

 

同性愛が禁忌とされるカトリック教会の闇に切り込んだのは、ゲイテーマの作品を数多く手掛け、自身もゲイを公言するフランソワ・オゾン監督。

主役は『わたしはロランス』でトランスジェンダー役を演じ高い評価を得たメルヴィル・プポーがつとめる。

 

 

 

 

 

本作は、ベルリン国際映画祭で「銀熊賞(審査員グランプリ)」に輝き、本国フランスでは91万人を動員する大ヒットを記録した。

 

ゲイの神父が起こした恐るべき事件。

その事実から目をそらさずに、ぜひ劇場で観てみてほしい。

 

©2018-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-MARS FILMS–France 2 CINÉMA–PLAYTIMEPRODUCTION-SCOPE

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LGBT

米の都市、ポリアモリー(複数恋愛)を公的に認める

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

CULTURE

たった一度のキスでゆらぐ“友情と恋”。グザヴィエ・ドランの新作が9月公開

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline