July 30th, 2018

HIVを治療している人から、HIVは移らない(新研究)

 

 

「HIV陽性者でも治療をしていればHIVは移らない」という、研究結果が明らかとなった。

 

この調査結果は、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究チームが発表したもので、オーストラリア、ブラジル、タイの343組のカップルを4年間かけて調査。

同調査では、コンドーム無しでアナルセックスをしているHIV陽性者×陰性者カップルを調査したところ、343組中、HIV感染は0件だった。(PrEP(HIV予防法)を使っている人はいなかった)

 

また期間中、12,000件以上のコンドーム無しのアナルセックスがあったがHIV感染は0だったそうだ。

 

このことから、HIV陽性者であっても治療を続けていれば(ウイルス検出限界以下)相手にHIVを移さないことが明らかとなった。

 

ちなみに、2016年にも1166組を対象にした同様の調査が行われたが、そこでもHIV感染者で治療を継続している人からパートナーへの感染は0件だった。

 

同調査を行なったベンジャミン・バビントン氏は、「この調査結果はゲイ・バイ男性にとって非常に有益であり、HIVの偏見をなくす為にとても重要です」と語っている。

 

2件の大規模な調査結果から、たとえ相手がHIV陽性者であっても、適切な治療を続けていれば、HIV感染していない人とほぼ同じということが分かる。

さらに最近の研究では、HIV陽性者と非感染者の寿命はほぼ同じという結果もあるほど、医療の進歩により今までと変わらない生活を送ることができる。

 

関連記事 >> HIV陽性者の平均寿命は一般とほぼ変わらない

 

同調査によって、ゲイコミュニティにあふれる「HIV陽性者=HIVを移す人」という偏見がなくなることを期待したい。

 

Text via : Pink News

RECOMMENDオススメ記事

LOVE

ゲイにとって誘惑の多い街「東京」で、安全なセックスライフを送るためには

LOVE

知ってるようで知らない、ゲイの為の『正しいアナルセックス・ガイド』

LOVE

HIV予防法「PrEP(プレップ)」とは?日本一分かりやすく解説

LOVE

新しいHIV予防法「PrEP(プレップ)」、ドキュメンタリーが無料公開

LGBT

「治療中のHIV陽性者からは感染しない」という事実を、4人に1人のゲイ

LOVE

HIV陽性者の平均寿命は78歳。一般とほぼ変わらない結果に(研究結果)