2018/07/30

HIVを治療している人から、HIVは移らない(新研究)

 

 

「HIV陽性者でも治療をしていればHIVは移らない」という、研究結果が明らかとなった。

 

この調査結果は、オーストラリアのニューサウスウェールズ大学の研究チームが発表したもので、オーストラリア、ブラジル、タイの343組のカップルを4年間かけて調査。

同調査では、コンドーム無しでアナルセックスをしているHIV陽性者×陰性者カップルを調査したところ、343組中、HIV感染は0件だった。(PrEP(HIV予防法)を使っている人はいなかった)

 

また期間中、12,000件以上のコンドーム無しのアナルセックスがあったがHIV感染は0だったそうだ。

 

このことから、HIV陽性者であっても治療を続けていれば(ウイルス検出限界以下)相手にHIVを移さないことが明らかとなった。

 

ちなみに、2016年にも1166組を対象にした同様の調査が行われたが、そこでもHIV感染者で治療を継続している人からパートナーへの感染は0件だった。

 

同調査を行なったベンジャミン・バビントン氏は、「この調査結果はゲイ・バイ男性にとって非常に有益であり、HIVの偏見をなくす為にとても重要です」と語っている。

 

2件の大規模な調査結果から、たとえ相手がHIV陽性者であっても、適切な治療を続けていれば、HIV感染していない人とほぼ同じということが分かる。

さらに最近の研究では、HIV陽性者と非感染者の寿命はほぼ同じという結果もあるほど、医療の進歩により今までと変わらない生活を送ることができる。

 

関連記事 >> HIV陽性者の平均寿命は一般とほぼ変わらない

 

同調査によって、ゲイコミュニティにあふれる「HIV陽性者=HIVを移す人」という偏見がなくなることを期待したい。

 

Text via : Pink News

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline