2017/03/05

ロシア、ゲイ要素のある『美女と野獣』の上映禁止を要求

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

 

 

ロシアにて、ディズニーの新作映画『美女と野獣』の上映禁止を求める訴えが提出されたことが分かった。AFP通信らが報じた。

 

ディズニー実写版『美女と野獣』は、ビル・コンドン監督がディズニー史上初めて「ゲイのキャラクター」を出演させることを発表していた。

 

関連記事 >> ディズニー映画『美女と野獣』、史上初のゲイキャラクターが登場へ

 

そんな”ゲイ要素のある”『美女と野獣』に対して、ロシアの下院議員ビタリー・ミロノフは、「『美女と野獣』は同性愛の宣伝にあたる。上映の全面禁止に向けた措置を講じるべきだ」と発言。

上映禁止をロシア議会に求めている。

 

ご存知のとおり、ロシアでは2013年より「同性愛宣伝禁止法」が制定されており、あらゆる同性愛行為・表現を謳うものを政府が規制してきた。

 

ミロノフ議員といえば、以前、ナイキの「LGBTプライドコレクション」の国内販売を禁じた、ホモフォビック(同性愛嫌悪)な議員として知られている。

 

『美女と野獣』は、ロシアにて3月16日に公開予定となっている。

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

ジェンクシーから、CBD入りの新ブランドが誕生

大人の「体臭ケア」の正解かも?新しいボディウォッシュに注目

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

海外旅行の参考に!地中海ゲイリゾート「テルアビブ」のゲイナイトスポット10選

10年以上続くゲイカップルに聞く「長続きの秘訣」とは?

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

人気番組『バチェラー』の主役、ゲイをカミングアウト!出演女性たちへ謝罪

LOVE

切れない!事故らない!正しい「シャワ浣」について考えてみた

LOVE

アナルが開きやすくなる?米ゲイたちに「ある成分」が人気に

LGBT

ディズニーから、国内はじめての「プライド コレクション」が登場!

CULTURE

40代で映画監督へ!『アンモナイトの目覚め』監督インタビュー

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline