2020/06/12

『名探偵ピカチュウ』の俳優ジャスティス・スミスがカミングアウト

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

映画『名探偵ピカチュウ』の主人公を演じた俳優ジャスティス・スミスが、俳優ニコラス・アーシャとの交際を自身のインスタグラムで明らかに。

 

そして、現在起こっている「#BlackLivesMatter(黒人の命も大切)」のデモ抗議に対しても意見をのべた。

 

 

ジャスティス・スミス(左)、ニコラス・アーシャ(右)

 

ジャスティス・スミスはNetflixドラマ『ゲットダウン』で一躍有名になり、『名探偵ピカチュウ』の主人公役でブレイク。次回作は『ジュラシック・ワールド』シリーズの出演も決まっている。

 

そんなスミスは、66日に自身のインスタグラムを更新。

 

その内容は、現在世界中で行われている反人種主義に関するデモで、黒人クィアやトランスジェンダーの存在を忘れてはならないと抗議者に呼びかけるもの。それに絡めて自身も「クィアである」とカミングアウトした。

 

黒人ストレートだけでなく、黒人のトランスジェンダー、クィアの命も大切 

この投稿は最近のアメリカ、ニューオリンズ州での「#BlackLivesMatter」のムーブメントに彼自身が実際に参加した経験を綴ったもの。このようにコメントをした。

 

「デモの参加者たちは、もし僕とアーシャ(恋人)が #BlackTransLivesMatter(黒人トランスの命も大切)運動や、#BlackQueerLivesMatter(黒人クィアの命も大切)運動を起こしたとしても参加しないだろうね」

 

「黒人クィアである僕自身、#BlackLivesMatterの抗議運動に熱心に参加していながらも、黒人のトランスジェンダーやクィアについては全く言及しない人々にがっかりしていた」

 

「もし、この抗議運動に黒人クィアが含まれていないのであれば、これは反黒人主義と同じだ。僕はこれを繰り返し伝えたい」

 

 

投稿の中でスミスは、今年5月にフロリダ州タラハシーで警察に銃殺された黒人トランスジェンダーであるトニー・マクデイド氏の事件についても触れた。

NGOによれば、アメリカで殺害されたトランスジェンダーは今年だけで12人目だという。

 

「もし今自分がしている抗議運動が、#TonyMcDade(殺害されたトニー・マクデイド氏)のように黒人トランスジェンダーであるという部分は無視され、ただ黒人ストレート男性の状況が良くなればいいと思っているなら、それは反黒人主義と同じこと」

 

「僕たちがこの問題について声を上げていけば、状況は少し進歩するだろう。抗議運動は単なるアピールではなく、僕たちが初めから持っているべき権利を要求しているだけのことだから。それは迫害や暴力を受けずに、公の場で当たり前に生活ができる権利をね」

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

@nckash and I protested today in New Orleans. We chanted ‘Black Trans Lives Matter’ ‘Black Queer Lives Matter’ ‘All Black Lives Matter’. As a black queer man myself, I was disappointed to see certain people eager to say Black Lives Matter, but hold their tongue when Trans/Queer was added. I want to reiterate this sentiment: if your revolution does not include Black Queer voices, it is anti-black. If your revolution is okay with letting black trans people like #TonyMcDade slip through the cracks in order to solely liberate black cishet men, it is anti-black. You are trying to push yourself through the door of a system designed against you, and then shut the door behind you. It is in our conditioning to get as close to whiteness, straightness, maleness as we can because that’s where the power is. And if we appeal to it, maybe it’ll give us a slice. But the revolution is not about appeal. It is about demanding what should have been given to us from the beginning. What should have been given to black, queer, and trans individuals from the beginning. Which is the right to exist. To live and prosper in public. Without fear of persecution or threat of violence. There is so much tragedy on the timeline these last couple of days so I added some photos of me and Nic to show some #blackboyjoy #blacklove #blackqueerlove ❤️🧡💛💚💙💜 You’ve been my rock and guiding light through all of this and I love you so much. I know that on the other side of this Is change, though the fight is far from over. #justicefortonymcdade #justiceforninapop #justiceforgeorgefloyd #justiceforahmaud #justiceforbreonna #sayhername #defundthepolice #endwhitesupremacy

Justice Smith(@standup4justice)がシェアした投稿 –

 

 

 

投稿の2枚目以降に愛するパートナーの写真をのせたスミスは、最後はこのように締めくくった。

 

「君は(ナーシャ)は本当に最高だしすべてを導いてくれる光。心から愛しているよ。黒人を取り巻く問題はきっと変わる。まだまだ僕たちの戦いは終わらないけどね」

 

関連記事|「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

『Lの世界』が10年ぶりにカムバック!続編が日本上陸

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

“地球”にも“股間”にもいいパンツって?

LOVE

どうすれば「彼氏と良好な関係」を保てる?セックス座談会

LGBT

米の都市、ポリアモリー(複数恋愛)を公的に認める

LOVE

タチを悩ます「中折れ/中でイケない」問題。専門家に聞いてみた

CULTURE

たった一度のキスでゆらぐ“友情と恋”。グザヴィエ・ドランの新作が9月公開

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline