2023/10/04

人気ミュージカル『レント』の原作にもなった、オペラの最高傑作『ラ・ボエーム』が映画化!

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

オペラの最高傑作『ラ・ボエーム』がミュージカル映画化!

タイトル『ラ・ボエーム ニューヨーク愛の歌』として、10月6日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開される。

 

ちなみに『ラ・ボエーム』は、ゲイたちにも大人気のブロードウェイミュージカル『レント』の原作としても知られている。

 

 

 

あの『レント』の原作!名作舞台が映画化

『ラ・ボエーム』の“ボエーム”とは、“ボヘミアン”のフランス語で、自由に生きることに憧れた19世紀パリの芸術家の卵たちのことを指している。

 

パリに住むその日暮らしの若き芸術家たちの青春の日々と、刻一刻と変わる登場人物たちの心情をドラマティックに歌い上げ、1896年のトリノでの初演以来、世界中のオペラファンを魅了し続けてきた。

 

その影響は多岐におよび、大人気ブロードウェイミュージカル『レント』の原作となったことでも広く知られている。

 

現代のニューヨークにアレンジ

もともとの「ラ・ボエーム」の設定は1830年代のパリ。

 

それを今作では「現代のニューヨーク」に置き換え、メインキャラクターにアジア人を据えるなど大胆なアレンジを行なったのが特徴だ。

 

 

 

 

舞台は真冬のニューヨーク。

 

主人公・詩人のロドルフォは、画家のマルチェッロ、哲学者のコッリーネ、ミュージシャンのショナールとともに貧乏な共同生活を送っている。

 

売れていないアーティスト4人だが、それぞれが夢を抱き明るく前を向いて生きていた。

 

 

 

 

大晦日の寒い夜、ロドルフォのもとにミミという女性が現れる。

 

一目で恋に落ち、熱い恋愛に発展するが、実はその数ヶ月後、ミミは重い病に侵されており、ロドルフォは彼女のもとを立ち去っていくのだった──。

 

以下、予告編。

 

 

 

 

本作は、格差、貧困、マイノリティ、さまざまな生きづらさを抱えながらも、夢と情熱で青春の日々を謳歌しようとする若き芸術家たちや恋人たちの姿を描く。

 

どんな苦境にも前を向き、儚くも情熱的な日々を生きる若者たちに心打たれること間違いなしだ。

 

 

 

 

また、本作は実際のオペラを映画に作り替えたユニークな作品だ。

 

本人たちのセリフはほとんどなく(すべて歌で行われる)、現役のオペラ歌手による情緒あふれる歌唱でストーリーが進行していく。

 

 

 

 

 

“オペラ”と聞くと、どこか遠い存在に感じてしまう人でも、ミュージカル映画の感覚で観れるのは新しい体験だ。

 

観劇好きはもちろんのこと、『レント』などのミュージカル映画好きには楽しめる作品。ぜひ気になった人は劇場に足を運んでみてほしい。

 

 

© 2022 More Than Musical. All Rights Reserve

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

フランスの新首相、初のゲイ男性に!

LOVE

国内で「PrEP」が承認されるかも? PrEP最新動向をまとめて紹介!

CULTURE

エイズをテーマに、3世代のゲイを描く舞台『インヘリタンス-継承-』が来年2月上演へ

LOVE

HIV陽性になったら──生活はどうなるの?

LOVE

買ってよかった!2023年ベスト「セックスアイテム」

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline