2019/05/17

台湾、正式に同性婚を認める。アジア初

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

5月17日、台湾にて正式に同性婚が認められた!これはアジア初の快挙となる。

 

 

Photo via : Instagram

 

台湾では、2年前に最高裁にて同性婚が認められたが、その後国民投票により同性婚ではなく、同性婚と同等に認める「特別法」が可決していた。

 

関連記事 >> 台湾、同性婚破れる。国民投票で反対票が上回る

 

しかしこの特別法は“同性婚“ではなく、欧米のシビルユニオン(パートナーシップ法)などに近く、現状の婚姻制度を同性カップルへも適用するかは未確定だった。

 

BBCによると、立法院では3つの異なる法案を審議・採決したが、保守派が提出した2案は「婚姻」という箇所をすべて削除し、「同性の家族関係」や「同性同士の連盟」といったパートナーシップ関係を打ち出していた。もちろんこれは中身がなく、同性婚を否定する内容だった。

 

最終的な審議が5月17日に行われ、審議の結果、保守層が出した案は却下。

2年前の蔡英文総統率いる政府の提出した案が賛成多数で可決したのだ!

 

これにより、同性カップルが法的なパートナー「婚姻関係」として登録できるようになり、遺産相続や相互扶養のほか、カップルのどちらかに血縁関係がある場合は養子にすることも認められる。

 

可決後、蔡英文総統はツイッターにて、「我々は真の平等に向けて大きな一歩を踏み出しました。台湾をより良い国にするために」と喜びの声をツイートした。

 

 

 

 

かねてより同性婚を公約に掲げていた蔡英文総統だけに、2年の時を経てようやく実現。

 

17日には、平日にも関わらず約35,000人のLGBTが立法院前で法案審議の行方を見守っており、可決された瞬間は歓喜に包まれた。

 

 


 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

72時間以内のHIV予防法「PEP」とは?クリニックに聞いた

いくつ知ってる?「世界エイズデー」に知識をアップデートしよう!

今年は脱・定番!年末年始にオススメな海外旅行先

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

出会い系アプリで「リアル率」をあげるコツ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

同性婚を合法化した国で、LGBTQの自殺率が激減

LOVE

ゲイカップルの「オープンリレーションシップ実態」(前編)

LIFESTYLE

ご飯デートの穴場は「新宿御苑前」にあり

LOVE

いくつ知ってる?「世界エイズデー」に知識をアップデートしよう!

BEAUTY

GOGOボーイに聞く筋トレ術──サスケ編

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline