2023/05/02

「長時間セックス」のためにバイアグラを大量摂取した男性、心臓発作で死亡

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

ロシアにて、男性が12時間もの長時間セックスを行うために、短時間に大量のバイアグラを摂取。

その後、心臓発作で死亡したことがわかった。

 

 

 

 

ロシアで機械工として働いていたセルゲイ・トゥガーノさん(28歳)は、2人の女性と「12時間セックスできるか」という賭けを行うことに。(賭け金は約3000ポンド)

 

12時間もの間ペニスを勃起させ続けるために、短時間に大量のバイアグラを摂取。

 

その結果、12時間セックスは成功できたものの、直後に心臓発作に見舞われ、命を落としてしまったそうだ。

 

バイアグラは、用法用量を守ること

 

 

 

バイアグラは勃起薬でもあるのと同時に、心臓病の治療にも用いられる。

 

つまり、ペニスだけでなく、全身の血管を拡張する作用があるため、一気に大量に服用すると、急激な血圧の上昇、心臓への酸素がいかなくなる狭心症におちいることもあるそう。心肺へのダメージが起き、一歩間違うと命を落とすこともある。

 

30代以降のゲイたちは、勃ちが悪くなってバイアグラを常用している人も多いはず。

 

ぜひ、用法用量を守って、正しく使うことが大事だ。

 

 

こちらもオススメ

 

熊系ゲイの”カルト”集団のメンバー、性器に大量のシリコンを注入し死亡 >>

 

モンスター級の”モノ”をくわえて気道破裂。ゲイ男性が救急室に運ばれる >>

 

SPECIAL

「痛い… 切れやすい…」悩めるウケにおくる10のアドバイス

台北を飛び出して南へ!台南旅行で体験したい4つのこと

心がザワついた時に…「マインドフルネス」を実践しよう!

大人ゲイカップル旅におすすめ!全室スイートの沖縄ホテル

ゲイが子供を持てる日がくるかも?未来の出産映像が話題に

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

CULTURE

名作「韓国ゲイ映画」オススメ6選

LOVE

アナルの「ケア」ちゃんとしてる?意外と知らないセックス後のケア

LGBT

「台湾で結婚しました!」台日同性カップルが夫夫になるまで

LOVE

HIV/エイズを終わらせるには、どうすればいいの?

BEAUTY

「眠れない…」を解消!いま話題の睡眠アイテム5選

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline