May 29th, 2018

レズビアンの元テニス世界王者を描いた『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』待望の日本公開!

実在したレズビアンの元女子テニス世界王者ビリー・ジーン・キングを描いたコメディ映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』が、76日(金)より全国劇場公開される。

 

 

 

 

本作は、1973年に行われた伝説の女子テニスプレイヤー“キング夫人”ことビリー・ジーン・キングと、テニス界のレジェンド、ボビー・リッグズによる、壮絶な男女対抗試合を描いた実話だ。

 

本作の舞台である70年代は、女子アスリートの賞金が男子の1/8という時代。

そんな中立ち上がったビリーは、元男子テニス界のレジェンドでセクシストのボビーが仕掛けた異例の「男女対抗戦」を受けて立つのだ!

 

 

 

主演は『ラ・ラ・ランド』でオスカーを受賞したエマ・ストーンが演じ、相手役リッグズをオスカーノミネート常連のスティーブ・カレルが演じる。

 

 

 

監督は『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリスがメガホンを取った。

 

女性の権利が認められていない時代にフェミニストとして立ち上がり、またレズビアンでもあったビリーの生き様は時代を大きく突き動かし、テニス界最大の偉人として讃えられている。

時代を変えた女と男の熱き闘いは必見だ!

 

[c]2018 Twentieth Century Fox

RECOMMENDオススメ記事

LGBT

勝間和代がカミングアウト「同性を好きになってもいい、仲間はたくさんいる

ENTERTAINMENT

「チョコレート ドーナツ」ら人気作を連続放送。日テレでLGBT映画特集

ENTERTAINMENT

Netflixの人気番組『クィア・アイ』シーズン2、早くも6月に配信決

ENTERTAINMENT

トランス映画『ナチュラル・ウーマン』&ゲイ映画『君の名前で僕を呼んで』

ENTERTAINMENT

史上初!ゲイ映画「ムーンライト」が、アカデミー賞最高峰の〈作品賞〉を受

ENTERTAINMENT

ケイト・ブランシェットが来日。LGBT映画『キャロル』を語る