2019/05/30

キャセイパシフィック航空、初めてゲイカップルを広告に起用

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

香港を拠点とする大手航空会社「キャセイパシフィック航空」が、新広告にゲイカップルを起用し話題になっている。

 

公開された広告では、キャセイのキャッチコピーである「Move Beyond(乗り越えていこう)」のテーマの元、子供からお年寄りまで、様々な人々が目標に向かって挑戦する様子を描いたもの。

 

 

 

 

映像には映っていないが、キャンペーンポスターにて、ゲイカップルをテーマにした広告が登場してる。

 

キャッチコピーはおなじみの「Move Beyond」に、レッテル貼りの意味を持つ「Labels」をくっ付けた「Move Beyond Labels(レッテルを超えていこう)」だ。

 

 

 

 

素晴らしいメッセージと共に、ビーチ沿いを歩く仲睦まじいカップルが描かれている。

 

香港発の航空会社がゲイカップルを含めた広告を展開するのは珍しく、日本を含めたアジア圏ではほぼ前例がない。

 

国内からは一部批難も

しかし残念なことに、本国では一部から批難されているそう。

 

本キャンペーンは、香港の空港内を中心に展開されており、キャセイのカウンター付近でしか見られず、地下鉄のMTRや、街中では一切掲載されていないそう。

ゲイカップル以外のバージョンは掲載されているのにも関わらず。

 

 

 

 

その理由について、広告を検閲する機関のJCDecauxによれば、MTR側は「このような広告は不道徳である。一般に認められている公的基準や文化的基準を侵害するもの」「どのような方法であれ、公衆への不快感、恐怖の原因となる」と発言し、広告掲載を見送ったという。

 

差別的発言をリークされたMTR側は、「そのような事実はなく、我々は多様性をサポートしています」と声明を発表する事態となった。

 

今回のキャセイが行った広告は素晴らしいが、まだまだ香港&中国本土では、同性愛に対する風当たりが厳しそうだ。

 

関連記事|「アイスランド航空」、今までにない”中年ゲイカップル”を起用したCMを公開

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline