2017/05/31

アリアナ・グランデの兄フランキー、テロ事件への思いを綴る

アリアナ・グランデの兄で、オープンリーゲイのフランキー・グランデが、英マンチェスターで起きた爆弾テロ事件への思いをSNSで語った。

 

 

 

 

アメリカでは舞台俳優・TVパーソナリティとして活躍するフランキーだが、テロ事件以来SNSは沈黙状態。

 

そんなフランキーは、29日にツイッターを更新し、テロ事件について思いを綴った。

「僕の祈り、思い、黙想と強さが、事件の被害者とそのご家族にフォーカスされています。妹の発言を繰り返すことになりますが、憎しみや恐れに支配されることなく、団結し、愛と絆と勇気付けるメッセージを広めましょう」

「今こそ明るく輝くべきです」と連続してツイートし、最後にはテロ事件の寄付を募るサイトURLを投稿した。

 

フランキーはアリアナの11歳上の異父兄で、大の仲良し兄弟として度々メディアに登場している。

 

 

 

 

以前アリアナは、フランキーのことを”あいつはホモ”と侮辱したファンに対し激怒する事件があった。

 

アリアナは侮辱したファンにSNSで怒りをあらわに。

「あんたのいう”ホモ”はね、この地球で会える人々の中で、誰よりも素晴らしくて、面白くて、利口で、優しくて、もっと愛されるべき存在なのよ!!フランキーのことは本当に大好きだし、すごく誇りに思ってるの!あぁ、それからね”あのホモ”は、あんたよりよっぽどモテんだよ!分かった!?」

とインスタグラムにFワード連発で投稿。

 

ゲイの兄を差別から擁護するアリアナの発言は大きな話題を呼んだ。

 

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

【特集】新時代のゲイアイコン「イヤーズ&イヤーズ」の魅力

初リアルではおごる?割り勘?(ゲイのデート事情)

情報が古くなってない?エイズの知識をアップデートしよう!

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、同性婚により10代の自殺率が減少(調査結果)

LOVE

あなたのローションは大丈夫??意外と知らないローションの危険性

LGBT

同性愛者の知人が1人いるだけで、同性婚の支持率が急上昇する(米研究)

ENTERTAINMENT

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た人へ。ゲイ的視点でみるフレディの知られざる5つの真実

LGBT

【総集編】2018年カミングアウトした有名人まとめ

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline