November 29th, 2018

人気漫画『きのう何食べた?』が実写ドラマ化。西島秀俊がゲイカップル役に!

ついにあの人気漫画が実写化!!

今年の大ヒットドラマといえば『おっさんずラブ』だが、来年注目のゲイテーマのドラマがスタートすることが分かった。

来春、ゲイカップルを描いた人気漫画『きのう何食べた?』が実写ドラマ化。そして主演を西島秀俊が演じる!

 

 

西島秀俊|内野聖陽(公式サイトより)

 

よしながふみの人気漫画『きのう何食べた?』は、2007年より『モーニング』で月1連載中。

弁護士の筧史朗と、美容師の矢吹賢二という二人のゲイカップルを主人公にした料理漫画だ。

 

キャッチフレーズの「2LDK男2人暮らし 食費、月3万円也」どおり、実用的で家庭的なレシピを多数紹介。飾ることないほのぼのとしたゲイカップルの日常から、ゲイが抱える苦悩も浮き彫りにしており、セクシュアリティ問わず多くの世代に支持を得ている。

 

そんな本作の実写ドラマでは、主人公の筧役に大人気俳優の西島秀俊、矢吹役には内野聖陽を起用。西島は47歳、内野は50歳という、アラフィフのゲイカップルが主人公のドラマはおそらく日本初!

 

この実写化は、今年立て続けに放送されたゲイテーマのドラマ『おっさんずラブ』、『隣の家族は青く見える』、『弟の夫』の高視聴率や人気が後押しした結果といえる。

 

大人気漫画の実写化、さらには全世代から愛される西島秀俊のゲイ役、アラフィフゲイカップルなどなど…人気爆発すること間違いない!!

 

本ドラマは、テレビ東京系の金曜深夜ドラマ『ドラマ24』にて来年4月から放送予定。

 

 

RECOMMENDオススメ記事

ENTERTAINMENT

最新版「エイズ」をテーマにした映画3選

ENTERTAINMENT

ゲイ的要素もあり。Netflixドラマ『エリート』がアツい

ENTERTAINMENT

同性愛を否定しない世界。「おっさんずラブ」が描いたのは未来の日本?

ENTERTAINMENT

ゲイドラマ『おっさんずラブ』がスタート。ネットで大反響

ENTERTAINMENT

同性婚テーマの実写ドラマ『弟の夫』ビジュアル公開!原宿で原画展も開催

ENTERTAINMENT

フジの新ドラマ『隣の家族は青く見える』にて、同性カップルが登場へ