2019/05/08

マドンナ、長年のLGBTQ支援を讃え「GLAADメディア賞」の最高賞を受賞

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

歌手のマドンナが、LGBTQへの長年にわたる貢献に対して「GLAADメディア賞」の最上級の賞となる「Advocate for Change Award」を受賞。

これは過去30年間の同アワードの中でたった1人しか受賞していない非常に名誉のある賞だ。

 

 

 

 

5月4日に米ニューヨークで開催された「GLAADメディアアワード」。

LGBTQ支援に貢献した人物や作品を表彰する世界的なアワードで、今年は30周年のアニバーサリーイヤー。

 

マドンナは、これまで1人しか受賞したことない名誉賞「Advocate for Change Award」を受賞。これには30年以上もの間、マドンナが行なった数々のLGBTQコミュニティへの貢献を称えたものだ。

 

マドンナといえば、LGBTQの権利、女性権利を強く訴えてきたアーティスト。

1980年代にゲイたちを襲ったエイズ危機から今日に至るまで、ゲイたちをサポートしエンパワーメントし続けてきた。

 

受賞スピーチでマドンナは、「社会的に無視されたすべての人々のために戦うことは、自分が背を向けることができない責務であり名誉だった。これからも決して背を向けることはない」と語った。

 

さらに、初めてダンスを習った先生がゲイだったことに触れ、「自分は一人じゃない、ほかの人たちと同じじゃなくても、違っていてもいいんだという気持ちにようやくなれた。やはり自分は変人じゃなかったんだという気持ちになれた」と、彼を含め無数の友人たちに刺激を受けたからこそ今の自分あると、感謝の意を語った。

 

以下、受賞スピーチ動画。

 

 

 

 

マドンナは、6月30日にニューヨークで開催される「NYCプライド」のアンバサダーに就任している。

 

そして今年は、LGBTプライドパレードの起源となる「ストーンウォールの反乱(1969年)」から50周年となるアニバーサリーイヤーということもあり、マドンナはストーンウォールのオマージュ楽曲『I Rise』を発表。

 

こちらは、6月14日発売の最新アルバム『マダムX』に収録予定とのことだ。

 

『I Rise』の音源ビデオは以下。

 

 

 

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline