2016/06/11

アメリカ、同性セックスの経験者が二倍に(調査結果)

ゲイセックス経験者が2倍に

 

 

最新の調査によると、2010年代前半に同性とセックスをした人の割合は、1990年代前半の二倍に達したそうだ。

 

この調査は、アメリカのウィディーンアー大学、フロリダ・アトランティック大学・サンディエゴ州立大学によって実施され、性科学についての学術ジャーナルにおいて発表されている。

1973年から2014年まで計41年にわたって毎年継続されてきた調査は、これまでに33,728人から回答を得たという。

 

調査結果によると、同性とセックスをした女性の割合は、1990年代前半から2010年代前半にかけて3.6%から8.7%に、男性の割合は4.5%から8.2%に上昇した。男性と女性、どちらとも性交渉をする人の割合は、3.1%から7.7%に変化したそうだ。

 

また、男性の1.7%と女性の0.9%が「同性のみと性交渉を行ったことがある」と回答した。

 

同性同士の性行動について「全く問題ない」と考える人たちの割合も、1973年の時点では11%のみだったが、2014年の調査では49%のまで上昇している。

 

調査結果を見る限りでは、アメリカにおいての人々の性行動やそれについての考え方は、時代と共により流動的になっているのかもしれない。

 

Text via : instinct

RECOMMENDオススメ記事

SPECIAL

今年は個性的な水着で勝負!人と差をつける海外ブランド4選

蒸し暑さはスイーツで乗り切って!この時期だけのスイーツ5選

外国人をアテンドすると喜ばれる、東京レストラン

男ふたりのデートガイド in 新宿

同性カップルが「赤ちゃんが欲しい!」と妊活。台湾映画『バオバオ フツウ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

FASHION

今年はなに穿く?「2019年版・最新水着」

LOVE

世界初、生物から「HIVウイルス」の除去に成功(米研究)

FASHION

ファッションで祝おう!各ブランドの「LGBTプライド コレクション」

LGBT

「同性婚できる国」は何ヶ国?知っておきたい世界の同性婚事情

BEAUTY

毛穴の開きをレスキュー!夏に気になる「小鼻の黒ずみ」解消法

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline