2019/06/13

VOGUE アナ・ウィンターが審査員!「ヴォーギング選手権」がNYメトロポリタン美術館で開催

  • facebook
  • Twitter
  • line
  • はてなブックマーク
  • Copy

米ニューヨークのメトロポリタン美術館の前にて、ヴォーギングダンスを競い合う「ヴォーギング選手権」が11日に開催。

なんと米VOGUE編集長のアナ・ウィンターが審査員として登場したのだ

 

 

 

 

この「ヴォーギング選手権」は、現在メトロポリタン美術館で開催されている展覧会「キャンプ:ファッションのノート」のイベントの一環として開催。

 

関連記事|ゲイとキャンプの関係。METガラのテーマ〈キャンプ〉を紐解く

 

また、6月は全米プライド月間で、「ストーンウォールの反乱」から50周年のアニバーサリーイヤーなことから、プライドを祝うべく開催された同イベント。

 

ド派手で”キャンプ”な衣装を身にまとった候補者が、審査員や観客の前でヴォーギングを披露し競い合った。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのヴォーギングは、80~90年代の黒人ゲイたちのナイトシーンで誕生したダンスで、「VOGUE」のようなハイファッション誌のポージングを取ることからを名付けられたダンス。

元々はVOGUEのパロディだったダンスが、まさか30年の時を経て、現VOGUE編集長のアナ・ウィンターの前で披露することになるとは…!これぞまさしく”キャンプ”。

 

ヴォーギングバトルを見たアナは、「最高だった!プライド月間と、キャンプをテーマとする展覧会の開催中に注目を集めることができたのは素晴らしい」とコメントした。

 

 

 

All Photo via : Daily Mail UK

RECOMMENDあなたにオススメ

SPECIAL

エシカルなのに“セクシー” 新パンツブランド「レッドリスト」の魅力とは?

コロナ時期、お家で“病まずに”楽しむ7つのコツ

「おうち時間」を楽しむ、秀逸ガジェット6選

ゲイテーマの映画『君の名前で僕を呼んで』の続編が決定!キャストも続投

部屋も気分もパッと明るくする「お花」のススメ

EDITORS CHOICE編集部オススメ

RANKINGアクセスランキング

LGBT

アメリカ、これまで50万人が同性婚。その経済効果は4000億円に

LOVE

あなたが知らない「アナル」に関する4つのトリビア

LOVE

コロナ中の「セックス」は大丈夫なの? 今ゲイたちに気をつけてほしいこと

LGBT

「クィア・アイ」のカラモが語る、ゲイの中の人種差別

LOVE

「ラッシュ」の害はほぼゼロ。最新研究が明らかに

FOLLOW US!

ジェンクシーのSNSをフォローして最新情報をゲット!

  • facebookfacebook
  • TwitterTwitter
  • lineline